トラスト・ソフトウェア・システム
トラスト・ソフトウェア・システム

PDF Command Line Suite コマンドライン サンプルと解説

「PDF Command Line Suite」ソフトは、PDF文書をバッチ(順次)で様々な処理を行うコマンドライン(プログラム)のセットです。

プログラムのセットには、以下が含まれています。
pdcat(文書結合)、pdw(テキスト情報)、pdxt(ロゴマーク追加)、pdform(フォーム)、pdsel(ページ抽出)、pdwebl(Webリンク追加)、 pdtoc(目次作成)、pdsplit(ページ毎分割)、pdbm(ブックマーク)、pdpg(基本情報)、txt2pdf(PDFへ変換)、pdcrop(領域情報)、pdmerge(文書結合)、
pdinfo(Info情報)、pdobj(ページ毎object情報)、pdls(すべてのobject情報)

機能概要はこちらです。
他のコマンドラインサンプルshell )を公開しています。
無償評価版(リンク先は英語)はこちらです。 ダウンロード手順
価格見積り

無償評価版のダウンロードとインストール

 プログラムのセットは無償でダウンロード(試用)できますので、PDF Command Line Suiteダウンロード手順を参照してダウンロードください。
 ファイルをダウンロードしてから、インストールもしくは適当なフォルダーに解凍します。以下のようなフォルダーができあがりますので、適宜ご利用ください。
binライブラリやライセンスマネージャーなど
doc使用説明書やjavadocなど
includeC/C++用のヘッダー(.h)ファイル
libC/C++用のlibファイル
サンプルの実行前に、無償評価版と共にダウンロードしたライセンスキーをbin/LicenseManager.exeを使って登録してください。 ライセンスキーの登録方法はこちらです。

PDFのフォームを操作するコマンド「pdform」のサンプル

コマンド「pdform」を使ったサンプルです。
pdformは、テキストフォームフィールド情報の抽出、テキストフォームへの入力などを行います。 また、フォームフィールドをフラッティング(ページ内容に統合して入力できないようにする)処理も行えます。
フォームに文字を追加する:
以下のコマンドでは、in.pdfにある「field01」という名前のフィールドに追加します。 コマンドプロンプトを起動して以下のように実行します。
CLSWIN32\bin> pdform in.pdf out.pdf field01="Hello World!"
フォームを新規に追加する:
以下のコマンドでは、in.pdfの1ページめにフィールド(文字を入れて)を追加します。 フィールドは、座標=(50,50)、幅=200、高さ=25、フォント=4、フォントサイズ=10を指定しています。 コマンドプロンプトを起動して以下のように実行します。
CLSWIN32\bin> pdform in.pdf out.pdf +field02@1,50,50,250,75,4,10="Hello World!"
フォームを削除する:
以下のコマンドでは、in.pdfにある「field01」という名前のフィールドを削除します。 コマンドプロンプトを起動して以下のように実行します。
CLSWIN32\bin> pdform in.pdf out.pdf -field01
すべてのフォームを表示する:
以下のコマンドでは、in.pdfにあるフィールド(名前、座標情報、内容)を表示します。 コマンドプロンプトを起動して以下のように実行します。
CLSWIN32\bin> pdform -l in.pdf out.pdf

ご質問、お問い合わせ

 メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。(匿名で送れます。)

(記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。)
PDF製品 Shellサンプル
PDF Security
PDF Validator
PDF to PDF/A Converter
PDF to Image Converter
Image to PDF Converter
PDF Printer
PDF Viewer
PDF Prep Tool Suite
PDF Optimization
PDF Command Line Suite
PDF Extract
PDF Easy Parse
株)トラスト・ソフトウェア・システム
暗号化・電子署名・タイムスタンプ ライブラリ作成します。
お問い合わせください。