PDF to PDF/A Converter

概要

「PDF to PDF/A Converter」は、PDF文書をPDF/A(PDFの長期保存フォーマット)に変換するためのコンポーネントです。

価格見積り

PDF Security 動作概要

PDF/Aへの変換
このツールは、入力の文書を解析しながら変換します。
フォントなどが埋め込まれていない場合は、自動的にそれを修正します。フォントを変更して埋め込むこともできます。
変換時の警告などはログファイルに残せますので、規格準拠の対策や文書管理に利用できます。

電子署名・タイムスタンプ
PDF/Aに電子署名・タイムスタンプを適用し、その電子署名を検証します。電子署名には印影の追加もできます。

メタ・データ
PDF/Aはメタデータ(属性-プロパティ-に示されるような、作成者、サブジェクト、作成日、などファイル内容を表す情報)が必須ですので自動で追加されます。
メタ・データを指定して追加することもできます。

PDF、PDF/Aの適合性チェックとログ
変換前にPDFの適合性をチェックし、変換後にはPDF/Aの適合性をチェックします。PDF Validatorと同じ機能です。
この適合性チェックの結果と共に、変換の際の警告やエラーなどをログファイルに残せます。

サンプル:

ライブラリ(API)の解説とサンプル( C++C#Visual Basiv6.0Java )を公開しています。


評価版:

無償評価版

利用分野

  • 文書保管
    PDF to PDF/A Converterは企業が保持・保管しているすべての文書データを変換処理します。変換は迅速かつ容易で、ISO規格に適合したPDF/Aにします。
    規格に適合したPDF/Aに変換したことを保証しますので、文書の長期保存などの場合のゲートキーパー(PDF/Aで保存されていることをチェックする守衛のような)の役割も果たします。
  • その他の利用分野
    • 標準化
    • 品質保証
    • 法的要件(国税関連文書などで)を遵守した変換

製品の種類 (ライセンスのバリエーション)

PDF to PDF/A Converterは以下の種類の製品(ライセンス)があります。用途に合わせて選択してください。
  • コマンド・ラインで利用する製品(ライセンス)
    PDF to PDF/A Converterの機能をコマンドラインで利用するコンポーネントです。バッチ処理などで処理する場合に適します。
    開発のライセンスは含みません。
  • アプリケーションを開発するための製品(SDKライセンス)
    クライアントPCまたはサーバーで開発するためのライセンスです。
    利用のライセンスは含みません。
  • ライブラリ(API)をクライアントで利用する製品(クライアント・APIライセンス)
    クライアントPCで利用するためのライセンスです。
    開発のライセンスを含みません。
  • ライブラリ(API)をサーバーで利用する製品(サーバー・ライセンス)
    PDF to PDF/A Converterの機能をサービスとして提供するためのライセンスです。
    開発のライセンスを含みません。

機能

PDF/Aに変換
  • PDF文書をPDF/A-1、PDF/A-2またはPDF/A-3に変換
    サンプル:  C++  C#  VB6.0  Java 
  • 変換される文書のPDF/A準拠性を検証
  • PDF/Aに変換された文書の準拠性を検証
  • デバイスに依存したカラープロファイルが使われていた場合に、自動での(もしくは設定された)プロファイル埋め込み
  • フォントの自動もしくは設定による埋め込み:ファイルサイズを小さくするためにサブセットを埋め込むかまたは、フォント全体を埋め込むかといったポスト編集
  • メタデータの自動作成または、外部ファイルからメタデータを読み込んで埋め込む
  • PDF/Aに準拠した、トラスト・チェーン、タイムスタンプおよび失効情報を埋め込んだ電子署名
    サンプル:  C++  C#  VB6.0  Java 
  • 各種のHSM(セキュリティ・モジュール)をサポート
  • 組み込みOCRエンジン
  • Webでの表示をすばやくするリニアライズ
  • 暗号化されたPDF文書を復号
  • 変換後のPDF/A準拠レベルを指定可(レベルに準拠しない場合は自動でのダウングレードも可)

仕様

入力フォーマット
  • PDF-1.2~PDF-1.7

出力フォーマット
  • PDF/A-1a(注意1)、PDF/A-1b
  • PDF/A-2a(注意1)、PDF/A-2b、PDF/A-2u
  • PDF/A-3a(注意1)、PDF/A-3b、PDF/A-3u
  • PDF 1.0 から 1.7
注意1)PDF/A-1aを作成するにあたり、入力のデータがその条件を満足する必要があります。

規格
OS
  • Windows 7, 8, 8.1, 10
  • Windows Server 2008, 2008 R2, 2012, 2012 R2, 2016 – 32 または 64Bit
  • HP-UX – 32 Bit または Itanium
  • IBM AIX – 32 または 64Bit
  • Linux (SuSE and Red Hat on Intel)
  • Mac OS X
  • Sun Solaris

インターフェース
  • API: C, Java, .NET, COM
  • Signing: MS CryptAPI, PKCS#11

プログラム言語
  • C#, VB .NET, J# via .NET
  • Java via JNI
  • MS Visual Basic, Borland Delphi, MS Office 製品(Accessなど), C++ via COM
  • C および C++

無償評価版およびサンプル

無償での評価版を利用できます。 「PDF to PDF/A Converterダウンロード」からダウンロードしてください。
API ライブラリの解説とサンプルは、こちら( C++  C#  Visual Basiv6.0 )です。

ご質問、お問い合わせ

メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。


PDF-Tools製品一覧

PDF-Toolsライト製品一覧

PDF to PDF/A サンプル

PDF Toolsとは

PDF/Aとは