PDF Tools ホーム > PDF Tools ライト > PDF Image-LP概要 > Javaサンプル > グレースケール画像へ変換

PDF Imager-LP グレースケール画像へ変換する Javaサンプルと解説

PDF Imager-LPは、PDF文書を画像(TIFF、JPEG、PNG)に変換するライトなライブラリです。
機能を限定してお求めやすくしました。 (PDF Imager-LP概要は、こちらです。)

PDF Imager-LP 購入(価格)


ここでは、PDFの指定ページをグレースケール画像に変換するサンプルを示します。


他の開発言語によるサンプル:

C++画像変換サンプル、 TIFF画像(複数ページ)変換サンプル、 グレースケール画像への変換サンプル
C#画像変換サンプル、 TIFF画像(複数ページ)変換サンプル、 グレースケール画像への変換サンプル
VB.NET画像変換サンプル、 TIFF画像(複数ページ)変換サンプル、 グレースケール画像への変換サンプル
VB6.0画像変換サンプル、 TIFF画像(複数ページ)変換サンプル、 グレースケール画像への変換サンプル

ダウンロード:
PDF Imager-LPの無償体験版は、以下からダウンロードできます。無償体験版は、製品版と同じ機能が使えます。
利用許諾契約書をご確認のうえダウンロードしてください。ダウンロードしますと、利用許諾に同意したものとみなします。
評価利用では、ライセンスキーが必要ですので一緒にダウンロードしてください。


高機能な、画像変換ライブラリ「PDF to Image Converter」は、こちらです。

インストール

ライブラリは、無償でダウンロードおよび試用できます。 ダウンロードしてから、適当なフォルダーに解凍してください。以下のようなフォルダーができますので適宜ご利用ください。

docライブラリ説明書、利用許諾契約書
includeC/C++用ヘッダー(.h)ファイル
VB6.0用モジュール
libDLLライブラリおよびLibファイル、JARファイル
sampleJavaサンプル、
C/C++言語、C#/VB.NET言語および、Visual Basic6.0サンプル

サンプル実行前に、lib/MLP.jarおよびlib/PdfImagerLP.dllを参照可能にしてください。

PDFをグレースケール画像に変換するサンプルコード

PDF文書の指定されたページをグレースケール画像に変換するJavaのサンプルコードです。
カラー画像を作成するサンプルは、こちらです。

import jp.PDFTools.PDFImagerLP.PdfImagerLP;
import jp.PDFTools.PDFImagerLP.PdfImagerLP.MlpException;

public class Gry {
    public static void main(String[] args) {
        //インスタンス生成
        PdfImagerLP mlp = new PdfImagerLP();

        //初期化
        mlp.Initialize("ライセンスキー");

        //PDFオープン
        mlp.OpenDoc("in.pdf", "", "");

        //グレースケールへの変換指定
        mlp.SetPictureGray();

        //画像作成
        mlp.CreatePict(1, "out.jpg");

        //後始末
        mlp.CloseDoc();
        mlp.Uninitialize();
    }
}
Initialize 初期化
引数にライセンスキーを指定します。ライセンスキーは、こちらからダウンロードしてください。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。エラーコードを確認してください。
OpenDoc PDFファイルを開く
指定したファイルが画像への変換対象になります。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。エラーコードを確認してください。
引数に以下を指定します。
第一引数PDFファイル名
第二引数オーナーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第三引数ユーザーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
SetPictureGray グレースケールの画像が生成されるように設定します。引数は指定しません。
RGBカラー画像に変換する場合は、この指定を削除します。
CreatePict 指定されたページを画像に変換します。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。エラーコードを確認してください。
引数は以下を指定します。
第一引数PDF文書のページ番号(最初のページは1と指定します。)
第二引数結果を格納するファイル名を指定します。指定された拡張子によって画像形式が以下のように変わります。
拡張子画像形式
.pngPNG(Porable Network Graphics)形式
.jpegまたは.jpgJPEG(Joint Photographic Experts Group)形式
.tiffまたは.tifTIFF(Tagged Image File Format)形式
CloseDoc 開いたPDFファイルを閉じます。
Uninitialize 終了します。

モノクローム(2階調)画像またはディザ画像に変換する

PDF文書をモノクローム(2階調)画像またはディザ画像に変換する場合は、SetPictureGrayに替えて以下を指定します。


SetPictureDither ディザの画像が生成されるように設定します。引数は指定しません。
ディザは、Floyd-Steinbergディザリングによって生成されます。
SetPictureBW モノクローム2階調の画像が生成されるように設定します。引数は指定しません。

エラーコード

以下のエラーコードが戻ります。

MLP_ALREADY_INITIALIZED既に初期化されています。
MLP_NOT_INITIALIZED初期化できない、もしくは、初期化していない場合。
MLP_INIT_FILE_OPEN_ERROR初期化ファイルを読めません。
MLP_LICENSE_ERROR不正なライセンスキーもしくは、評価用ライセンスキーの期限切れです。
MLP_ALREADY_OPENED既にPDF文書をオープンしています。
MLP_FILE_OPEN_ERROR指定のPDF文書をオープンできません。
MLP_FILE_IS_NOT_PDFPDF文書として解析できません。
MLP_FILE_NOT_DECRYPTEDPDF文書が暗号化されていますが、指定のパスワードでは復号できません。
MLP_FILE_NOT_OPENEDPDF文書がオープンされていません。
MLP_PDF_PARSE_ERRORPDFの解析中にエラーとなりました。
MLP_PDF_HAS_NOT_PAGE指定のPDF文書にはページがありません。
MLP_INVALID_PAGE_NUMBER指定したページの番号は無効です。
MLP_INVALID_RESOLUTION指定された解像度は無効です。
MLP_INVALID_QUALITY指定されたJPEG品質は無効です。
MLP_NO_OUTPUT_FILE出力ファイルが指定されていません。または、指定の出力ファイルの形式(拡張子)が無効です。
MLP_TOO_LARGE_PIXEL作成しようとしている画像が大きすぎます。
MLP_DRAW_ERROR画像作成用のメモリー領域を確保できません。

無償評価版およびサンプル

PDF Imager-LPの無償体験版は、以下からダウンロードできます。無償体験版は、製品版と同じ機能が使えます。
利用許諾をご確認のうえダウンロードしてください。ダウンロードしますと、利用許諾に同意したものとみなします。
評価利用では、ライセンスキーが必要ですので一緒にダウンロードしてください。


サンプル ソースコード

サンプルのソースコードは、以下をダウンロードしてください。

ご質問、お問い合わせ

メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。




PDF Imager-LPサンプル

C++

C#

VB.NET

VB6.0