トラスト・ソフトウェア・システム
トラスト・ソフトウェア・システム

PDF to Image Converter ラスタライズ画像のPDFに変換するJavaサンプルと解説

「PDF to Image Converter」は、PDF文書を単一(TIFF、JPEG他)または、複数ページの画像(TIFF)または、画像化されたPDFに変換する機能を アプリケーションに追加するライブラリ(API) です。

機能特徴
  • 単一または複数の画像を生成
  • 画像フォーマット:TIFF、JPEG、JBIG2、JPEG2000、PNG、GIF、BMP など
  • ラスタライズされたPDF文書を作成可能
  • PDF文書の復号と暗号化可能
  • 画像フィルター(スーパーサンプリング、バイキュービック、バイリニア)の設定でエイリアスやモアレを低減
  • 色空間(グレースケール、RGB、CMYK、インデックス)選択可
  • 解像度、色数 設定
  • 非可逆圧縮やロスレスJPEG2000またはJBG2圧縮を選択可
  • 画質やサイズ(非可逆圧縮)の最適化
  • ハーフトーン方式(Floyd Steinberg、half-tone matrixなど)を選択可
  • 微細なテキスト文字の線幅を太くする
日本語マニュアル( HTML形式PDF形式 )をご参照ください。

PDF to Image Converter 機能概要はこちらです。
サンプル( 他のJavaサンプルC++C#VB6.0コマンドライン(shell) )を公開しています。
無償評価版(リンク先は英語)はこちらです。 ダウンロード手順
PDF to Image Converter ソフト 購入(価格)

廉価(低価格)版
PDFを画像に変換するライブラリの機能を限定した廉価(低価格)版も参照してください。

無償評価版のダウンロードとインストール

 ライブラリ(評価版API)は無償でダウンロード(試用)できますので、PDF to Image Converterダウンロード手順を参照してダウンロードください。
 ファイルをダウンロードしてから、インストールもしくは適当なフォルダーに解凍します。以下のようなフォルダーができあがりますので、適宜ご利用ください。
binライブラリやライセンスマネージャーなど
doc使用説明書やjavadocなど
includeC/C++用のヘッダー(.h)ファイル
jarP2IA.jar,PCIA.jar(Javaのラッパー)
libC/C++用のlibファイル
samples各種開発言語のサンプル
サンプルのコンパイルおよび実行前に、jar/PCIA.jarをCLASSPATHにコピーし、bin/Pdf2PdfImgOCX.dllをPATHまたはjava.library.pathにコピーしてください。
また、無償評価版と共にダウンロードしたライセンスキーをbin/LicenseManager.exeを使って登録してください。 ライセンスキーの登録方法はこちらです。なお、ライセンスキーはプログラミングで指定できます。ソースコードを参照してください。
日本語マニュアルZIP形式PDF形式HTML形式)は、インストーラには含まれていませんのでこちらからダウンロードしてください。

ラスタライズPDFに変換するJavaサンプルと解説

 ラスタライズ画像のPDF文書に変換するJavaのサンプル・コードです。 PDFのすべてのページがそれぞれ画像に変換されたPDF文書を生成します。 ここで変換されたPDFは、変換前のPDFが持っている、リンク(内部やWebなど)やしおりその他の情報がコピーされます。不要であれば、それら情報コピーの抑制もできます。
import com.pdftools.pcia.Pdf2PdfImg;
import java.io.IOException;

public class pdfSgl {

    public static void main(String[] args) {
        //インスタンス生成
        Pdf2PdfImg doc = new Pdf2PdfImg();

        // ライセンスキー
        // ライセンスマネージャを使わない場合は、以下を有効にします。
        //Pdf2PdfImg.setLicenseKey("ライセンスキー文字列");   //適切なライセンスキーに替えてください。

        // ページ回転モード
        doc.setRotateMode(1);

        try{
            // 変換
            if(!doc.convertFile("input.pdf", "output.pdf", null)){
                int err = doc.getErrorCode();
                if(err >= 0x8A120000 && err <= 0x8A12FFFF)
                    throw new Exception(String.format("ライセンスが無効です。(0x%08X)", err));
                else
                    throw new IOException(String.format("エラー(0x%08X)", err));
            }
        }catch(Throwable e){
            e.printStackTrace();
        }finally{
            // 後始末
            doc.close();
            doc.destroyObject();
        }
    }
}
New Pdf2PdfImg() インスタンス作成
setLicenseKey() ライセンスキー指定
ライセンスマネージャを使わない場合に指定します。
setRotateMode() ページの回転モード指定
ページを必要に応じて回転します。
回転モード意味
eRotateNone0PDF文書の指定を無視します。
eRotateAttribute1PDF文書の指定に従って回転します。
eRotatePortrait2すべてのページを縦置きにします。
eRotateLandscape3すべてのページを横置きにします。
convertFile() 入力のPDFを開き、すべてのページを画像のPDFにしたPDFを生成します。
第一引数入力(変換前)のPDFファイル名 (インターネット上のPDFファイルを指定する場合
第二引数出力(変換後)のPDFファイル名
第三引数入力PDFデータの暗号化パスワード(省略可)
暗号化していない場合は、nullを指定します。

ページを指定して、ラスタライズPDFに変換するサンプル(Java)と解説

 ページを指定して、ラスタライズ画像のPDF文書に変換するJavaのサンプル・コードです。 PDFの指定したページが画像に変換されたPDF文書を生成します。 ここで変換されたPDFは、変換前のPDFが持っている、リンク(内部やWebなど)やしおりその他の情報がコピーされます。また、それら情報コピーの抑制もできます。
import com.pdftools.pcia.Pdf2PdfImg;
import java.io.IOException;

public class pdfMlt {

    public static void main(String[] args) {
        //インスタンス生成
        Pdf2PdfImg doc = new Pdf2PdfImg();

        // ライセンスキー
        // ライセンスマネージャを使わない場合は、以下を有効にします。
        //Pdf2PdfImg.setLicenseKey("ライセンスキー文字列");   //適切なライセンスキーに替えてください。

        // ページ回転モード
        doc.setRotateMode(1);

        try{
            // 入力ファイル
            if(!doc.open("input.pdf", "")){
                int err = doc.getErrorCode();

                if(err >= 0x8A120000 && err <= 0x8A12FFFF)
                    throw new Exception(String.format("ライセンスが無効です。(0x%08X)", err));
                else
                    throw new IOException(String.format("入力ファイルエラー(0x%08X)", err));
            }

            // 出力ファイル
            if(!doc.createImage("sgl.pdf", "", "", -1, 128)){
                int err = doc.getErrorCode();

                throw new IOException(String.format("出力ファイルエラー(0x%08X)", err));
            }

            // 変換
            int pc = doc.getPageCount();
            for(int p = 1; p <= pc; p++){
                doc.renderPage(p);
            }
        }catch(Throwable e){
            e.printStackTrace();
        }finally{
            // 後始末
            doc.close();
            doc.destroyObject();
        }
    }
}
New Pdf2PdfImg() インスタンス作成
setLicenseKey() ライセンスキー指定
ライセンスマネージャを使わない場合に指定します。
setRotateMode() ページの回転モード指定
ページを必要に応じて回転します。
回転モード意味
eRotateNone0PDF文書の指定を無視します。
eRotateAttribute1PDF文書の指定に従って回転します。
eRotatePortrait2すべてのページを縦置きにします。
eRotateLandscape3すべてのページを横置きにします。
open() 入力のPDFを開きます。
第一引数入力(変換前)のPDFファイル名 (インターネット上のPDFファイルを指定する場合
第二引数入力PDFデータの暗号化パスワード
暗号化していない場合は、nullを指定します。
createImage() 出力のPDFを生成します。
第一引数出力(変換後)のPDFファイル名
第二引数出力PDFデータの(暗号化)ユーザーパスワード
暗号化しない場合は、""(null文字列)を指定します。
第三引数出力PDFデータの(暗号化)オーナーパスワード
暗号化しない場合は、""(null文字列)を指定します。
第四引数出力PDFデータのパーミッション(許可)フラグ
すべて許可する場合は-1を指定します。以下の値を指定できます。
設定値内容
ePermPrint低解像度印刷
ePermModify文書の変更
ePermCopy内容のコピーまたは取り出し
ePermAnnotate注釈
ePermFillFormsフォームへの入力
ePermAssemble文書アセンブリ
ePermDigitalPrintディジタル印刷
第五引数暗号化の鍵長
8の倍数で40から128まで指定できます。
ただし、Adobe Acrobatがサポートしているのは40または128(Acrobat 5以上)です。
getPageCount()入力PDFのページ数を取得
renderPage()入力PDFの指定ページを画像にして出力にコピー
closeImage()出力ファイルを閉じる
close()入力ファイルを閉じる

サンプルコード


ご質問、お問い合わせ

 メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。(匿名で送れます。)

(記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。)
PDF製品 Javaサンプル
PDF Security
PDF Validator
PDF to PDF/A Converter
PDF to Image Converter
Image to PDF Converter
PDF Printer
PDF Viewer
PDF Prep Tool Suite
PDF Optimization
PDF Command Line Suite
PDF Extract
PDF Easy Parse
PDF Viewr サンプル
C++ サンプル
C# サンプル
VB6.0 サンプル
Java サンプル
画像に変換
単一画像に変換
複数ページ画像に変換
画像のPDFに変換
一般的なアプリケーション
コマンドライン サンプル
株)トラスト・ソフトウェア・システム
暗号化・電子署名・タイムスタンプ ライブラリ作成します。
お問い合わせください。