トラスト・ソフトウェア・システム
トラスト・ソフトウェア・システム

PDF/Aとは

PDF/Aは、間違いなく電子文書のための標準的な長期保存のソリューションとして地位を確立するでしょう。 PDF/Aは、2005年10月1日にISO規格として発行されて以来、世界征服に着手しています。 そのようなPDF/AのISO委員会に、PDF Tools AG社はスイスの代表として参加しています。 PDF Tools AG社が開発したPDF Toolsは、PDF/Aで扱うすべての問題についての、有能なコンタクトポイントです。 PDF Tools AG社及び株式会社トラスト・ソフトウェア・システム社は、このWebサイト上で皆様独自の質問(問題)への答えが見つからない場合にサポートいたします。
PDF/Aについて PDF/A 製品
概要
PDF/A入門
PDF/Aの10の最も重要なこと
デジタルソースからのPDF/A
PDF/A関連処理
概要
PDF/Aへの電子署名と検証
PDF/Aと文書変換
PDF/Aの印刷と表示
PDF/Aの作成と再構成
他(製品一覧)

PDF/Aについて


PDF/A 処理

PDF/A規格の詳細な知識は、PDF/A文書を生成し、さらに、正確に表示するため必要です。 そうであるにもかかわらず、PDF/Aを処理するための知識は、PDF/A関連のプロセスを最適に設定するのに十分ではありません。
この記事では、より一般的な処理手順を最適に構成する方法を示します。 さらに、PDF Tools AG社が開発し株式会社トラスト・ソフトウェア・システムが提供するどの製品が、この目的のために利用できるかを示します。
この記事のトピック:

PDF/A文書生成

PDF/A 生成 (クライアント)

PDF/A 生成 (サーバー)
PDF/A文書は様々なソースから生成させることができます。 PDF/Aを生成するソフトウェアは、以下のような項目(やるべきこと、やってはいけないこと)に従わなければなりません(正誤表を含む):
  • テキストで使用するフォントは埋め込まれなければなりません。
  • カラープロファイルが入力画像(スキャンまたは変換された画像)のために宣言されていなければなりません。
  • 意味のあるメタデータが有効でXMPとして埋め込まれなければなりません。
Windowsアプリケーションからの PDF/A 生成
印刷機能を使用して、任意のWindowsアプリケーションから:PDF文書はPDFプロデューサー(PDFファイル作成、PDFコンバータなど他の名前)の助けを借りて作成することができます。 PDF文書は、PDF Producer(他にPDF作成やPDF変換などと名前がつけられています)を使ってWindowsアプリケーションの印刷機能から生成されます。 MS Office文書は、通常この方法でPDF文書に変換します。 一方で電子メールとその添付データの変換は、より複雑です。 この場合では、「3-Heights™ Document Converter Enterprise」はより適切な方法で変換します。 また、MS Office 2007(アドインのダウンロードが必要)やMS Office 2010では、「PDF形式で保存」という機能(メニュー)で直接PDF文書が生成されます。
当社で販売しています、「3-Heights™ PDF Desktop Producer Desktop」(3-Heights™ Document Converter SME版)と「3-Heights™ Document Converter Server」(3-Heights™ Document ConverterEnterprise版)は共に適切にPDF/A文書を生成します。
PDF/Aのダイナミックな生成とカスタマイズ
PDF文書は、(例えば、Webサーバー)アプリケーションから直接プログラムを作成しています。 例えばWebサーバーでは、PDF文書はアプリケーションからプログラム的に直接生成されます。 このように、静的コンテンツに加えて、データベースから統合するような動的コンテンツであってもPDF文書を作成することができます。 まもなくPDF Tools AG社は、そのような(データベースのような)ソースからPDF/Aを作成できるPDF Creatorを提供できるようになります。
画像から PDF/A への変換
画像ファイルをPDF/Aファイルへの変換することは、ほとんどの場合で単純なファイル変換操作です。 より高度なタスク(カラーマネジメントなど)の変換は、さらに複雑な方法で構成されます。
スキャン / OCR(光学式文字認識)
スキャニング、フォント認識、PDF/A準拠ドキュメントへの変換は、 専門知識(混合ラスタコンテント、圧縮プロセス)の高いレベル必要とする特殊な領域です。
画像からPDF/A文書には、「3-Heights™ Image to PDF Converter」を使って変換できます。

PDF/A文書の変換と変更処理

PDF/Aへの変換は、他のすべての処理ステップが終了した後に実施
電子署名はPDF/Aが生成された後に適用
PDFへの処理機能:
  • 分割(スプリット)
    文書をそれぞれのページに分割します。
  • 統合(マージ)
    個々のページをひとつの文書に統合します。
  • スタンプ追加
    スタンプや、透かし、ヘッダーとフッター、ページ番号を適用します。
    (PDF Batch Stamp Tool)
  • フォームへの記入
    動的コンテンツをプログラムベースでフォームフィールドへ記入します。
    (PDF Form Filling & Flattening Tool)
  • 注釈追加
    インターラクティブな要素(コメント、しおり、注釈文)を追加します。
    (まもなく3-Heights™ PDF Viewerで使えるようになります。)
多くのPDF処理機能は、変換前のPDF/A文書が規格に準拠していた場合でも、その文書を変更処理したPDF/A文書(ターゲット文書)の準拠性を保証していません。
PDF から PDF/A への変換
PDF/A変換の主な目的
  • アーカイブ(文書保存)の準備
  • 電子署名適用の準備
  • 文書交換の準備(内部または外部)
PDFからPDF/Aへの変換は、些細な問題ではありません。以下のタスクはに関連しています。
  • ソース媒体への依存を排除します。
  • フォント タイプを埋め込みます。
  • インタラクティブコンテンツの静的な外観を作成します。
  • 透明性を排除(透明平坦化)します。
  • 許可されていないコンテンツ(JavaScriptなど)を削除します。
「3-Heights™ PDF to PDF/A Converter」は、PDF文書を理想的にPDF/A文書に変換します。

PDF/A文書への電子署名

電子署名はPDF/Aへの変換後に適用
PDF文書にに電子署名を追加することは、PDF/A文書に情報を追加することに相当します。 ただし、電子署名される文書は、それが適用される前にPDF/Aに準拠していなければなりません。 オリジナル文書の内容は変わらないでそのまま残り、電子署名のデータ構造は、ファイルの最後に付加されます。 それにより、複数(所有者、承認者と配布者など)の電子署名を追加することができます。 電子署名自身もまたPDF/A準拠でなければなりません。
電子署名を追加した後の文書変更
文書がデジタル署名された後に行われたすべての変更はまた増分およびA準拠/ PDFにする必要があります。 電子署名がなされた文書へのすべての変更は、その文書への追加(オリジナルの文書を変えずに変更分のデータ構造を追加すること)でかつPDF/A準拠でなればなりません。 典型的な変更は、編集(削除、改正やテキストの追加、注釈の追加など)ならびに、文書内容の変更です。 現時点では、既に電子署名されたPDF/A文書に(電子署名以外の)変更を加えることができるPDF/A準拠のツールはありません。
以下は、PDF/A準拠の電子署名を適用できる製品です。

PDF/A文書の確認(バリデーション)

PDF/A準拠文書は、いくつかの場面で検証されなければなりません。

PDF/A確認(バリデーション)の目的
バリデーションのタスクは、PDF/A文書がISO規格に準拠しているか否かを決定付けることです。
利用分野
  • 着信データと発信データの検査
  • 特定の処理ステップの前後でのチェック
  • 処理においての合格・不合格のコントロール
  • “コンプライアンスレポート”(準拠報告書)の作成
課題
バリデータ(バリデーションを実施するソフトウェア)自身は、独立した組織によるテスト(一般的に認められたテストスイートを使った検査)が完了していて、認定されていなければなりません。
バリデーションを実施するために、PDF Tools AG社は、「3-Heights™ PDF Validator」を提供しています。

PDF/A文書の表示

PDF/A規格準拠のビュワー
PDF/A規格に準拠したビュワー
PDF/Aに準拠した文書を表示することと、PDF/Aに準拠して文書を表示を表示することは同じではありません。 残念ですが、多くの表示プログラム(ビュワー)はPDF/A互換ではありません。これは、そのビュワーがPDF/A規格の要件を考慮した表示ができないことを意味します。 PDF/Aの表示コンポーネントは、以下の機能を提供しなければなりません。
  • ファイルにPDF/A準拠ではない要素が含まれている場合に警告すること
  • 埋め込みフォントが、同名のプリインストールされているフォントに替えて使用されること
  • 埋め込まれたカラープロファイルが、代替色空間に替えて使用されること
  • インタラクティブな要素を含むイメージが、動的に生成された(インタラクティブ要素のイメージ)に替えて一貫性のあるものとして表示されること
  • ハイパーリンクを遮断するオプションがあること
ディスプレイ指向の製品
  • Adobe社:Adobe Acrobat 9 PDF/A-modus
  • PDF Tools AG社: 3-Heights™ PDF Viewer および 3-Heights™ Java Document Viewer

PDF/A文書の大量アーカイブ(文書保存)

共有リソースのマージができるPDF/Aアーカイブの高度なシステム
スタンドアロンの(独立した)PDF/A文書は直接アーカイブすることができます。 類似したPDF/A文書の数が多い(例えば光熱費など)をアーカイブする場合、 それは多くの場合、同じスタイル、ロゴや他のコーポレートアイデンティティ要素は、個々の文書のために時間と再度アーカイブする必要がある場合である。 大量の類似したPDF/A文書(利用料金の請求書のような文書)をアーカイブする場合、 多くの場合同じスタイル(ロゴやコーポレートアイデンティティ要素)をそれぞれの文書でアーカイブするために時間や手間を重複して必要とします。 共有リソース(フォントや画像)を繰り返し格納することは望ましくありませんし、PDF/Aらしさを損なってしまいます。
この場合の解決策は、共有リソースを分離してからひとつだけ保存するような高度アーカイブシステムを使うことです。 文書が参照されると、この共有リソースがマージ(統合)されて完全なPDF/A文書となります。
この処理は、電子署名された文書にも適用されます。 その場合は、初期の電子署名が適用された後に共有部分が分離されます。
PDF Tools AG社の「PDF Prep Tool Suite」は、この目的のためにデザインされました。

概要: PDF/A処理

PDF/Aに付随する全体処理の概要を以下に示します。
PDF-Toolsは、ご要望のアプリケーションに最適なソリューションを見つけるお手伝いをいたします。
ご質問・お問い合わせは、こちらです。

(記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。)
PDF Tools 製品 概要
PDF Security
PDF Validator
PDF to PDF/A Converter
PDF to Image Converter
PDF Imager-LP
Image to PDF Converter
PDF Printer
PDF Viewer
PDF Viewer-L
PDF Prep Tool Suite
PDF Optimization
PDF Command Line Suite
PDF Extract
PDF Easy Parse
株)トラスト・ソフトウェア・システム
暗号化・電子署名・タイムスタンプ ライブラリ作成します。
お問い合わせください。