PDF Security

概要

「PDF Security」は、PDFおよびPDF/A文書への電子署名・タイムスタンプと暗号化の機能を提供します。

購入 (価格)

PDF Security 動作概要

電子署名
電子署名の様々なタイプを適用できます。
PDF SecurityはPDF/Aに準拠の電子署名を適用します。電子証明書の失効情報(CRLまたはOCSPによる)やタイムスタンプを埋め込むことができます。さらに、HSM(PKCS#11, ハードウェア・セキュリティ・モジュール)を利用すると、より信頼性の高い電子署名を適用します。
PDF Securityは、電子証明書・失効情報をチェックすることで電子署名の有効性を検証します。
署名領域に日本語を表示できます。

印影 (印鑑の画像)
可視署名では、印影画像を追加できます。印影を追加した際に、電子署名の詳細情報情報(署名者や時刻など)を非表示にできます。(サンプル:電子署名と印影PDF

暗号化
PDF文書は、それが重要な場面で利用される場合、データの不正なアクセスや改竄から保護されなければなりません。このような場合、暗号化やアクセス許可フラグなどを利用してデータを保護します。
タイムスタンプ

電子署名を適用せず、タイムスタンプだけを追加できます。

サンプル:

ライブラリ(API)の解説とサンプル( C++C#VB6.0Java )を公開しています。

利用分野

  • 文書保管
    電子文書の保管では、事前に電子署、タイムスタンプを付加します。
    これは、電子文書(国税関連文書など)を長期保存する要件のひとつです。
  • ソフトウェア開発者
    PDF Securityは、多くの経験や高度なプログラミングテックニックなしで、必要なソリューション(アプリケーション)に素早く統合することができます。
  • その他の利用分野
    • PDF文書を暗号化や電子署名を施すアプリケーション(クライアント、サーバー、Web)
    • 入力・出力管理における、集中型で大量の電子署名処理サービス
    • ワークフロー支援システム(執筆者、レビュー、リリースなど)
    • クライアント・ソリューション(電子署名署名アプリケーション)
    • 電子書籍

製品の種類 (ライセンスのバリエーション)

PDF Securityは以下の種類の製品(ライセンス)があります。用途に合わせて選択してください。
  • コマンド・ラインで利用する製品(クライアント・ライセンス)
    開発のライセンスは含みません。
    PDF Securityの機能をコマンドラインで利用するコンポーネントです。 バッチ処理などで処理する場合に適します。
  • アプリケーションを開発するための製品(SDKライセンス)
    クライアントPCまたはサーバーで開発するためのライセンスです。利用のライセンスを含みません。
  • ライブラリ(API)クライアントで利用する製品(クライアント・APIライセンス)
    クライアントPCで開発及び利用するためのライセンスです。開発のライセンスを含みません。
  • ライブラリ(API)をサーバーで利用する製品(サーバー・ライセンス)
    PDF Securityの機能をサービスとして提供するための開発を含めたライセンスです。開発のライセンスを含みません。

機能

PDF 暗号化・電子署名・タイムスタンプ
  • PDF/A規格に準拠した電子署名
    サンプル:  C++  C#  VB6  Java 
  • PDFおよびPDF/A文書に適用された電子署名の検証
  • シンプルでありながら高度でかつ規格に準拠した電子署名
  • 長期的な署名は、埋め込まれた信頼のチェーンやタイムスタンプおよび検証情報によって検証されます
  • HSM(PKCS#11セキュリティモジュール)をサポート
  • 可視・不可視署名に対応
  • 電子署名領域に画像を表示(可視署名)
    サンプル:  C++  C#  VB6  Java 
  • PDFおよびPDF/A文書をオーナーまたはユーザーパスワードで暗号化・復号
  • 暗号化フィルター:RC4、AES
  • 暗号化鍵長:40~128ビット
  • 復号:AES V3(256ビット)

仕様

入力フォーマット
出力フォーマット
  • PDF
  • PDF/A(入力のフォーマットがPDF/Aの場合)

規格
OS
  • Windows 7, 8, 8.1, 10
  • Windows Server 2008, 2008 R2, 2012, 2012 R2 – 32 または 64Bit
  • HP-UX 11以降 PA-RISC2.0 – 32bit
  • HP-UX 11以降 ia64(Itanium) - 64bit
  • IBM AIX 5.1以降 – 64Bit
  • Linux 2.6 - 32 または 64bit
  • Sun Solaris 2.8以降, SPARKおよびIntel
  • FreeBSD 4.7以降(32bit)またはFreeBSD 9.3以降(64bit要求による)
  • Mac OS X 10.4以降 - 32または64bit

インターフェース
  • API: C, Java, .NET, COM

プログラム言語
  • C および C++
  • C#, VB.NET, J# via .NET
  • Java via JNI
  • MS Visual Basic, Borland Delphi, MS Office 製品(Accessなど), C++ via COM

無償評価版およびサンプル

無償での評価版を利用できます。 「PDF Security ダウンロード」からダウンロードしてください。
 API ライブラリの解説とサンプルは、こちら( C++  C#  Visual Basiv6.0 )です。

ご質問、お問い合わせ

 メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。


PDF-Tools製品一覧

PDF Security サンプル

PDF Toolsとは

PDF/Aとは