PDF Validator

概要

「PDF Validator」は、PDFおよびPDF/A文書がISO規格に準拠しているかを検証します。
文書交換や長期間保存されるビジネス文書などは、そのデータ構成がPDFまたはPDF/Aとして正確であることが検証されるべきです。

購入 購入(価格)

PDF Validator 動作概要

検証

  • 文書のPDFおよびPDF/A規格の適合性を検証
  • 準拠と非準拠文書を分類
  • 企業の規程(コーポレートアイデンティティ、作成および処理に関してPDFソフトウェアに制限するなど)に準拠していることを確保
  • 検証レポート作成
サンプル:

ライブラリ(API)の解説とサンプル( C++ )を公開しています。

製品の種類 (ライセンスのバリエーション)

PDF Validatorは以下の種類の製品(ライセンス)があります。用途に合わせて選択してください。
  • コマンド・ラインで利用する製品(ライセンス)
    PDF Validatorの機能をコマンドラインで利用するコンポーネントです。 バッチ処理などで処理する場合に適します。
    開発のライセンスは含みません。
  • アプリケーションを開発するための製品(SDKライセンス)
    クライアントPCまたはサーバーで開発するためのライセンスです。
    利用のライセンスを含みません。
  • ライブラリ(API)クライアントで利用する製品(クライアント・APIライセンス)
    クライアントPCで利用するためのライセンスです。
    開発のライセンスを含みません。

機能

PDF検証
  • PDF文書をそれぞれの仕様で検証
    • PDF/A-1a, PDF/A-1b, (ISO 19005-1)
    • PDF/A-2a, PDF/A-2b, PDF/A-2u (ISO 19005-2)
    • PDF/A-3a, PDF/A-3b, PDF/A-3u (ISO 19005-3)
    • PDF 1.4
    • PDF 1.7 (ISO 32000)
  • レポート出力
    • 詳細レポート(開発者向け)
      報告される項目: 数量、タイプ、内容、PDFオブジェクト番号、ページ番号など
    • 集計レポート(文書の管理者向け)
  • 最初に見つかったエラーによって検証をキャンセルできる
  • 暗号化されたPDF文書の読み込み
  • PDF文書の適合性レベルをレポート

仕様

入力フォーマット
規格
OS
  • Windows 7, 8, 8.1, 10
  • Windows Server 2008, 2008 R2, 2012, 2012 R2 – 32 または 64Bit
  • HP-UX – 32Bit または Itanium
  • IBM AIX – 32 または 64Bit
  • Linux (SuSE and Red Hat on Intel)
  • Mac OS X
  • Sun Solaris

インターフェース
  • API: C, Java, .NET, COM

プログラム言語
  • C#, VB .NET, J# via .NET
  • Java via JNI
  • MS Visual Basic, Borland Delphi, MS Office 製品(Accessなど), C++ via COM
  • C および C++

オプション
  • 解像度(dpi)の範囲を検証
  • フォントの検証
  • 企業の(PDF生成に関する)規程による検証
その他 カスタマイズされた検証処理を追加可

無償評価版およびサンプル

無償での評価版を利用できます。 「PDF Validatorダウンロード」からダウンロードしてください。
API ライブラリの解説とサンプルは、こちら( C++ )です。

ご質問、お問い合わせ

メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。


PDF-Tools製品一覧

PDF Validator サンプル

PDF Toolsとは

PDF/Aとは