トラスト・ソフトウェア・システム
トラスト・ソフトウェア・システム

PDF Viewer(PDF表示) VB6.0サンプル

PDF Viewer 「PDF Viewer」ソフトは、PDF文書を表示するためのコンパクトで洗練されたコンポーネントです。 このコンポーネントは、PDFのみならずTIFFやJPEGなどのラスタ画像をも表示でき、ディスプレイ上の文書を印刷することもできます。

PDFビューア・コンポーネントは、ユーザの利用できる機能を制限(保存や印刷機能を抑制)するアプリケーションを作成できます。

OCXとして利用できますので、リッチクライアントやWebアプリケーションなど多くのアプリケーションに統合できます。

WPFに対応しています。

他のVB6.0およびC++C# のサンプルを公開しています。
無償評価版(リンク先は英語)はこちらです。 ダウンロード手順
機能概要はこちらです。
PDF Viewer ソフト 購入(価格)

無償評価版のダウンロードとインストール

 ライブラリ(評価版API)は無償でダウンロード(試用)できますので、PDF Viewer ダウンロード手順を参照してダウンロードください。
 ファイルをダウンロードしてから、適当なフォルダーにインストールもしくは解凍します。以下のようなフォルダーができあがりますので、適宜ご利用ください。
binライブラリやライセンスマネージャー、およびフォントファイルなど
doc使用説明書など
includeC/C++用のヘッダー(.h)ファイル
libC/C++用のlibファイル
samples各種開発言語のサンプル
サンプルの実行前に、フォントを必要に応じてシステムのフォントフォルダーにコピーします。
ライブラリは、以下の手順に従って登録します。
1.bin/viewerOCX.dllをWindowsのSystem32フォルダーにコピーします。
日本語が文字化けする場合は、pdcjk.dllも同様にコピーしてください。
2.「コマンド プロンプト」を管理者権限で起動します。
3.Dllをコピーしたフォルダーに移動します。(例: C:\>cd \Windows\System32 を実行します。)
4."regsvr32 ViewerOCX.dll"を実行して登録します。成功を示すダイアログが表示されます。
5.Visual Studioのツールボックスで右クリックメニューで「アイテムの選択(I)...」を選択してツールボックス アイテムの選択ダイアログを表示させます。 表示したダイアログの「COMコンポーネント」タグをクリックします。表示されたコンポーネントの「PDFViewer Class」をチェックしてOKボタンを押下します。これによって、PDF Viewerツールがツールボックスに表示されます。

また、無償評価版と共にダウンロードしたライセンスキーをbin/LicenseManager.exeを使って登録してください。 ライセンスキーの登録方法はこちらです。

プロジェクトの作成と参照設定

以下の手順でプロジェクトの作成とその設定をしてください。
  1. 標準 EXEプロジェクトを新規に作成します。
  2. PDF Viewerライブラリを参照する設定をします。
  3. Visual Basic6.0のメインメニューで、「プロジェクト(P)」→「コンポーネント(O)...」を選択します。
    ダイアログが表示されますので、コントロールタブをクリックしてから「3-Heights(TM) PDF Viewer OCX〜」を探して、チェックをします。この項目が見つからない場合は、上記の手順で PdfViewerOCX.dll を登録します。
  4. コンポーネントにPDF Viewr コンポーネントが追加されます。
  5. このコンポーネントをフォームに貼り付けます。
  6. 次に、このハンドラーにコードを追加してPDFを表示します

フィットモードや表示倍率を変更するVB6.0サンプルと解説

フィットモードを変更したり、表示を拡大縮小するVB6.0のアプリケーションを作成します。フィットモードには以下の種類があります。
実際のサイズで表示するモード
ページ全体を表示するモード
ウィンドウの幅に合わせて表示するモード(既定の動作)
表示倍率を指定して表示するモード
PDF Viewerコンポーネントが追加されたフォームにさらにコマンドボタンを追加し、そのハンドラーに以下のコードを記述します。
すると、コマンドボタンをクリックで表示されるダイアログで選択されたPDF文書を表示します。 (インターネット上のPDF文書を開く場合
Private Sub Open_Click()
    Dialog.Filter = "PDF文書|*.pdf"
    Dialog.ShowOpen
    Viewer.Open(Dialog.FileName)
    Viewer.FitMode = eFitModePage     'ページ全体を表示
End Sub
Open( ) 指定されたPDF文書を表示します。 インターネット上のファイルを開く場合
引数は、以下を指定します。
第一引数表示するPDFファイルパスを指定します。
第二引数(省略可)PDF文書が暗号化されている場合にパスワードを指定します。
FitMode フィットモードを指定します。
以下の値を指定できます。
定数内容
eFitModeWidthウィンドウの幅に合わせて表示表示します。(既定の動作)
eFitModePageページ全体を表示
eFitModeActualSize実際のサイズで表示します。
表示の倍率( Viewer.Zoom )を指定すると、上記のモードに関係なく表示が拡大・縮小されます。
拡大・縮小
表示を拡大・縮小するには、以下のように表示倍率を指定します。
Viewer.Zoom = 125.5
Zoom 等倍を100として小数値で指定します。(上記のフィットモードとは関係なく倍率を指定できます。)
現在の倍率を取得する場合は、以下のようにします。
f = Viewer.Zoom
Zoom 等倍を100とした小数値を取得できます。
なお倍率が変化すると、OnZoomイベントが発火します。これを捕捉して、現在の倍率を以下のようにコンポーネントに表示させることができます。
引数で得られる値は、等倍を1とした小数値です。
Private Sub Viewer_OnZoom(ByVal fZoom As Single)
    txtZoom.Text = fZoom * 100
End Sub

インターネット(Web)上のPDF文書を直接表示する

PDF Viewerは、PDF文書を指定する際に、インターネット(Web)上のファイルを指定できます。
PDFファイルを指定する場合に、以下の形式で指定するとHTTPプロトコルでファイルにアクセスします。
http://[username:password@]domain[:port][/resource]
"username"および"password"は基本認証(Basic Authentication)のユーザー名とパスワード指定です。
またhttp:以外に、https:(HTTPS)、ftp:(FTP)も使えます。
サンプルで、Viewer.Open( )を以下のようなコードに変更すると表示します。
Viewer.Open("http://www.pdf-tools.trustss.jp/data/Receipt2.pdf")

サンプル

 VB6.0 PDF Viewer サンプル (MS Visual Basic 6.0 Project) VwrSampleVb6.zip

ご質問、お問い合わせ

 メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。(匿名で送れます。)

(記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。)
PDF製品 VB6.0サンプル
PDF Security
PDF Validator
PDF to PDF/A Converter
PDF to Image Converter
Image to PDF Converter
PDF Printer
PDF Viewer
PDF Prep Tool Suite
PDF Optimization
PDF Command Line Suite
PDF Extract
PDF Easy Parse
PDF Viewr サンプル
C++ サンプル
C# サンプル
VB6.0 サンプル
PDF文書を表示
「しおり」を非表示に
文書の指定ページを表示
レイアウトモード変更
フィットモード・拡大
Webリンクを表示
文書を比較表示
領域にズームイン
文書印刷
ページを回転表示
株)トラスト・ソフトウェア・システム
暗号化・電子署名・タイムスタンプ ライブラリ作成します。
お問い合わせください。