トラスト・ソフトウェア・システム
トラスト・ソフトウェア・システム

PDF Viewer(PDF表示) WPF in C#サンプル

PDF Viewer 「PDF Viewer」ソフトは、PDF文書を表示するためのコンパクトで洗練されたコンポーネントです。 このコンポーネントは、PDFのみならずTIFFやJPEGなどのラスタ画像をも表示でき、ディスプレイ上の文書を印刷することもできます。

PDFビューア・コンポーネントは、ユーザの利用できる機能を制限(保存や印刷機能を抑制)するアプリケーションを作成できます。

OCXとして利用できますので、リッチクライアントやWebアプリケーションなど多くのアプリケーションに統合できます。

WPFに対応しています。

他のC#およびC++VB6.0のサンプルを公開しています。
無償評価版(リンク先は英語)はこちらです。 ダウンロード手順
機能概要はこちらです。
PDF Viewer ソフト 購入(価格)

無償評価版のダウンロードとインストール

 ライブラリ(評価版API)は無償でダウンロード(試用)できますので、PDF Viewer ダウンロード手順を参考に「 VWWA420WIN32.zip 」をダウンロードください。 このファイルには64ビット版も含まれています。
 ファイルをダウンロードしてから、適当なフォルダーにインストールもしくは解凍します。以下のようなフォルダーができあがりますので、適宜ご利用ください。
binライブラリやライセンスマネージャー、およびフォントファイルなど
doc使用説明書など
samplesWPF in C# のサンプル
サンプルの実行前に、フォントを必要に応じてシステムのフォントフォルダーにコピーします。フォントは、VWR420WIN32.zipに含まれています。
また、無償評価版と共にダウンロードしたライセンスキーをbin/LicenseManager.exeを使って登録してください。 ライセンスキーの登録方法はこちらです。

プロジェクトの作成と参照設定

以下の手順でプロジェクトの作成とその設定をしてください。
  1. WPF アプリケーションのプロジェクトを新規に作成します。
  2. ライブラリを参照に追加します。
  3. Visual Studioのソリューション エクスプローラーなどで「参照の追加...」を選択してダイアログを表示させます。。
    解凍したbinディレクトリの"PdfViewerNET.dll"と"PdfViewerWPF.dll"を参照に追加します。
  4. ネイティブのDLLを追加します。
  5. Visual Studioのソリューション エクスプローラーでプロジェクトに解凍したbinディレクトリの"PdfViewerAPI.dll"を追加します。
  6. 追加したDLLのプロパティ(詳細)を「出力ディレクトリに常に出力する」にします。

PDF文書を開くC#のサンプルと解説

MainWindow.xamlのコードを以下のように変更します。
<Window x:Class="Vwr.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:custom="clr-namespace:Pdftools.PdfViewerWPF;assembly=PdfViewerWPF"
        Title="PDF Viewr App" Height="400" Width="600" Closed="Window_Closed">
    <DockPanel LastChildFill="True">
        <Menu DockPanel.Dock="Top">
            <MenuItem Header="ファイル">
                <MenuItem Header="開く" Click="Open_Click" />
                <MenuItem Header="閉じる" Click="Close_click" />
            </MenuItem>
        </Menu>

        <Grid>
            <custom:PdfViewerWPF Name="Viewer" FitMode="FitWidth" LayoutMode="LayoutDocument"  Border="8" Rotate="0" />
        </Grid>
    </DockPanel>
</Window>
さらにMaimWindow.xaml.csに以下のハンドラーを追加します。
private void Open_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    OpenFileDialog dlg = new OpenFileDialog();
    dlg.Multiselect = false;
    Nullable result = dlg.ShowDialog();

    if (result == true) {
        if (!Viewer.Open(dlg.FileName, null)) {
            if (!PdfViewerWPF.GetLicenseIsValid()) {
                MessageBox.Show("ライセンスが不正です", "オープン エラー", MessageBoxButton.OK, MessageBoxImage.Error);
            }
                MessageBox.Show("ファイルを開けません", "オープン エラー", MessageBoxButton.OK, MessageBoxImage.Error);
        }
    }
}

private void Close_click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    Viewer.Close();
}

//終了
private void Window_Closed(object sender, System.EventArgs e)
{
    Viewer.Dispose();
}
Viewer.Open( ) 指定されたPDFを表示します。 以下の引数を指定します。
第一引数表示するPDFファイル名
第二引数暗号化のパスワード
PdfViewerWPF.GetLicenseIsValid( ) ライセンスの有効性を確認します。
Viewer.Close( ) 開いた文書を閉じます。
Viewer.Dispose( ) PDF Viewerのリソースを開放します。
これを実施しないと、アプリケーションが終了しません。
表示例
実行すると、以下のように表示されます。

メイン メニューから「開く」を選択してPDFファイルや画像ファイルを指定するとそれらが表示されます。

ご質問、お問い合わせ

 メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。(匿名で送れます。)

(記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。)
PDF製品 C#サンプル
PDF Security
PDF Validator
PDF to PDF/A Converter
PDF to Image Converter
PDF Imager-LP
Image to PDF Converter
PDF Printer
PDF Viewer
PDF Viewer-L
PDF Prep Tool Suite
PDF Optimization
PDF Command Line Suite
PDF Extract
PDF Easy Parse
PDF Viewr サンプル
C++ サンプル
C# サンプル
PDF文書を表示
VB6.0 サンプル
株)トラスト・ソフトウェア・システム
暗号化・電子署名・タイムスタンプ ライブラリ作成します。
お問い合わせください。