トラスト・ソフトウェア・システム
トラスト・ソフトウェア・システム

PDF to PDF/A Converter(PDF/Aへ変換) Javaサンプル

「PDF to PDF/A Converter」ソフトは、PDF文書をPDF/A(PDFの長期保存フォーマット)に変換する機能をアプリケーションに追加するための(API)ライブラリです。

PDF/A変換
入力の文書を解析すると共に変換します。解析の結果はログに出力されます。
フォントが埋め込まれていない場合などは、システムのフォントまたは指定のフォントを埋め込みます。

電子署名・タイムスタンプ
必要に応じて電子署名およびタイムスタンプ(RFC3161)を適用します。

機能概要はこちらです。
他にC++C# および VB6.0 のサンプルを公開しています。
無償評価版(リンク先は英語)はこちらです。 ダウンロード手順
価格見積り

無償評価版のダウンロードとインストール

 ライブラリ(評価版API)は無償でダウンロード(試用)できますので、PDF to PDF/A Converterダウンロード手順を参照してダウンロードください。
 ファイルをダウンロードしてから、インストールもしくは適当なフォルダーに解凍します。以下のようなフォルダーができあがりますので、適宜ご利用ください。
binライブラリやライセンスマネージャーなど
doc使用説明書やjavadocなど
includeC/C++用のヘッダー(.h)ファイル
jarCNVA.jar(Javaのラッパー)
libC/C++用のlibファイル
samples各種開発言語のサンプル
サンプルのコンパイルおよび実行前に、jar/CNVA.jarをCLASSPATHにコピーし、 bin/Pdf2PdfAPI.dllをPATHまたはjava.library.pathにコピーしてください。また、無償評価版と共にダウンロードしたライセンスキーをbin/LicenseManager.exeを使って登録してください。 ライセンスキーの登録方法はこちらです。

Javaによる サンプルと解説

PDF/A文書
PDF/A規格に準拠していて、変更ができません。
 (変換前のPDF文書変換後のPDF文書
 「PDF to PDF/A Converter(PDF/A変換)」ライブラリ(API)を使って、左のようなPDF/A文書をPDF文書から作成します。

 「PDF to PDF/A Converter」はPDF/Aへの変換ばかりでなく、電子署名やタイムスタンプを適用できます。「電子署名」を参照してください。 また、電子署名の位置指定や電子署名への印影追加もできます。
PDF、またはPDF/A文書へのより高機能な電子署名は、「PDF Security」を利用してください。

PDF からPDF/A への変換 サンプル・コード

import com.pdftools.pdf2pdf.*;

public class cnv {

    public static void main(String[] args) {
        try{
            Pdf2PdfAPI doc = new Pdf2PdfAPI();

            //変換
            doc.convert("input.pdf", null, "output_a.pdf", "cnv.log");

            //終了
            doc.destroyObject();
        }catch(Throwable e){
            e.printStackTrace();
        }
    }

}
new Pdf2PdfAPI( ) PDF文書を扱うインスタンスを生成します。
convert( ) PDFをPDF/Aに変換します。引数には以下の値を指定します。
第一引数入力の(変換される)PDFファイル (インターネット上のPDF文書を開く場合
第二引数PDFデータの暗号化パスワード
パスワードを指定しない場合は、空の文字列を指定します。
第三引数出力のPDFファイル名
第四引数ログファイル名
処理内容やエラーなどが出力されます。
以下のコードを変換前に実行すると、PDFの解析や変換リポートおよび変換の制御ができます。
//解析、レポート、変換の制御
doc.setConvertAlways(true);
doc.setReportDetails(true);
doc.setReportSummary(true);
doc.setPostAnalyze(true);
doc.setCompliance(COMPLIANCE.ePDFA1a);
setConvertAlways( ) 引数に真を指定すると、入力PDFの基準準拠に関係なく変換しようとします。
setReportDetails( ) 引数に真を指定すると、変換ステップにおいてページごとのPDF標準準拠違反をログファイルに書き出します。
ReportSummaryよりも詳細な情報が提供されます。
setReportSummary( ) 引数に真を指定すると、変換ステップおよび変換後の解析ステップにおけるエラーや警告がログファイルに書き込まれます。
setPostAnalyze( ) 引数に真を指定すると、作成したPDF出力ファイルを解析し、指定された準拠性のレベルを満たしているか否かを確認します。ログファイルにはこの分析の結果が書き込まれます。
入力ファイルの解析で問題を検出できなったにもかかわらず、変換中に問題が検出される場合があります。それは、入力パラメータ(例えば、ICCプロファイルなど)に依存しているような場合に起こりえます。 変換後の解析では、このような変換中に検出された出力ファイル内のエラーを提供します。
ポスト解析は、文書が変換できた場合のみ実行されます。
setCompliance( ) このプロパティには、PDFの準拠性のレベルを指定します。
指定できるのは以下の値です。
設定値レベル
ePDFA1aPDF/A-1a
ePDFA1bPDF/A-1b
ePDFA2aPDF/A-2a
ePDFA2bPDF/A-2b
ePDFA2uPDF/A-2u
ePDFA3aPDF/A-3a
ePDFA3bPDF/A-3b
ePDFA3uPDF/A-3u

インターネット(Web)上のファイルを指定する方法

入力のPDFファイル指定では以下の形式で指定すると、インターネット上のPDFファイルを直接変換できます。
http://[username:password@]domain[:port][/resource]
"username"および"password"は基本認証(Basic Authentication)のユーザー名とパスワード指定です。
先のサンプルで"Pdf2PdfConvert( )"のコードを以下のように変更すると、Web上のPDFを変換しローカルに新しいPDFファイルを作成します。
//変換
doc.convert("http://www.pdf-tools.trustss.jp/data/Receipt2a.pdf", null, "output_a.pdf", "cnv.log");

電子署名

 変換処理と同時にPDF文書に電子署名できます。さらに必要があれば、RFC3161タイムスタンプを追加できます。 追加された、電子署名やタイムスタンプはAcrobat Readerで検証できます(プラグインは必要ありません)。
 電子署名(Sign)するには、署名者(Signer)の証明書を指定するだけで簡単に追加されます。以下のように変換前に証明書のCN(Common Name)などを指定します。
doc.setCertificateName("Common Name");
doc.setIssuer("CA21");
doc.setSignatureSerialNumber("10 51");
doc.setSignatureReason("Received");
doc.setSignatureRectangle(390, 613, 120, 52);
setCertificateName( )証明書の所有者名(CN)を指定します。発行者とシリアル番号で証明書を指定した場合は、自由な文字列を指定できます。
setIssuer( )証明書の発行者名(Issuer)を指定します。名前だけで証明書を一意に選択できる場合は省略できます。
setSignatureSerialNumber( )証明書のシリアル番号を指定します。証明書の発行者名と共に指定します。
setSignatureReason( )署名領域の理由欄に記載される文字列を指定します。[省略可]
日本語で表示させる場合は、PDF Securityを利用してください。
setSignatureRectangle( )署名領域をX座標、Y座標、幅、高さの順に指定します。[省略可]
A4サイズの場合、左下はX=0,Y=0で右上は、X=595,Y=842です。省略すると、署名領域はページの左下になります。
PDF/A 電子署名 署名したPDFデータ はこちらです。
署名領域は、既定の背景色が利用されます。背景色や文字サイズなどを変えたい場合は、PDF Security を使って署名します。
Adobe AcrobatでのPDF文書の署名検証方法 はこちらです。

印影の付いた電子署名

 PDF to PDF Converterでは、電子署名の領域に印影を追加できます。印影の画像を用意した上で、以下のようなコードを変換前に実行します。(「電子印鑑」や「電子押印」などと同じ意味で利用できます。)
doc.setSignatureImageFileName("hanko.png");
 引数に印影画像のファイル名を指定します。
 画像の形式は、PNGのほかにTIFやJPEG,GIF形式など利用できます。ただし、カラー プロファイルをPDF文書と同じにします。

PDF/A 電子署名 印影 印影付き署名PDFデータ はこちらです。
PDF文書の署名検証方法 はこちらです。
画像の形式は、PNGのほかにTIFやJPEG,GIF形式など利用できます。ただし、カラー プロファイルをPDF文書と同じにします。

印影付き署名PDFデータ はこちらです。 印影は、指定された位置の署名領域内に表示されます。
Adobe AcrobatでのPDF文書の署名検証方法 はこちらです。

タイムスタンプ

 Pdf to PDF Converterでは、タイムスタンプを追加できます。以下のコードを変換前に実行します。
doc.setTimeStampURL(pDocument,"http://ca21.trustss.jp/tsa/");
 タイムスタンプ局(TSA)のURLを指定します。
 指定したタイムスタンプのURLは、テスト用のタイムスタンプを発行するTSAです。このTSAは無償・無登録で自由に使えますが、負荷によってはレスポンスが低下します。

署名とタイムスタンプを施したPDFデータはこちらです。
Adobe AcrobatでのPDF文書の署名検証方法はこちらです。

ログファイルの例

 MS-Wordで作成した文書をAcrobatでPDFに変換し、それをPDF/A文書に変換した際のログファイルの例を以下に記します。
- Opening file c:\pdf2pdfconv\Receipt2.pdf.
- Analyzing c:\pdf2pdfconv\Receipt2.pdf.
"c:\pdf2pdfconv\Receipt2.pdf", 0, 64, 0x0A09C882, "The property 'xmpMM:subject' is not defined in schema 'XMP Media Management Schema'.", 1
"c:\pdf2pdfconv\Receipt2.pdf", 0, 64, 0x0A09C881, "The schema description for namespace 'pdfx:' (http://ns.adobe.com/pdfx/1.3/) is missing.", 6
"c:\pdf2pdfconv\Receipt2.pdf", 0, 64, 0x8341052B, "The required XMP property 'pdfaid:part' is missing.", 1
"c:\pdf2pdfconv\Receipt2.pdf", 0, 64, 0x8341052B, "The required XMP property 'pdfaid:conformance' is missing.", 1
"c:\pdf2pdfconv\Receipt2.pdf", 1, 65, 0x03418614, "A device-specific color space (DeviceGray) without an appropriate output intent is used.", 1
"c:\pdf2pdfconv\Receipt2.pdf", 1, 0, 0x83410612, "The document does not conform to the requested standard.", 1
- Setting output intent profile C:\Windows\system32\spool\drivers\color\sRGB Color Space Profile.icm.
- Conversion events.
  - Parts of the XMP metadata could not be repaired and had to be removed.
* Conversion errors in c:\pdf2pdfconv\Receipt2a.pdf.
- File c:\pdf2pdfconv\Receipt2.pdf processed.
 変換前の解析では、PDF文書にいくつかの問題(PDF/Aに変換するためにメタデータが欠落しているなど)があることが示されています。
 変換後には、上記の問題が解決(メタデータが修正もしくは削除)されたことで正しく変換できたことが示されています。変換されたPDF文書は、指定された規格に準拠しています。

エラーについて

 変換前のエラーと変換後のエラーが報告されます。以下にその例を示します。
返還前のエラー
エラーコード内容
PDF_E_FILE_OPEN入力ファイルがオープンできなかった
PDF_E_FILE_CREATE出力ファイルを生成できない
PDF_E_STOPED解析を中止した
変換後のエラー (ポスト解析が実施された場合のみ報告される)
エラーコード内容
PDF_E_CONVERSIONPDFからPDF/Aの変換でエラーが発生
PDF_E_METADATAXMPメタデータが部分で削除されたか、修正できない
PDF_E_POST_ANALYSIS出力文書のポスト解析でエラー
PDF_E_CONFORMANCE文書が規格に準拠していない
SIG_CREA_E_CERT指定された電子証明書が見つからない
なお、エラーは以下のコードで抑制できます。
//解析、レポート、変換の制御
doc.setConvertAlways(true);
doc.setReportDetails(true);
doc.setReportSummary(true);
doc.setPostAnalyze(true);
doc.setCompliance(COMPLIANCE.ePDFA1a);

ご質問、お問い合わせ

 メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。(匿名で送れます。)

(記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。)
PDF製品 Javaサンプル
PDF Security
PDF Validator
PDF to PDF/A Converter
PDF to Image Converter
Image to PDF Converter
PDF Printer
PDF Prep Tool Suite
PDF Optimization
PDF Command Line Suite
PDF Extract
PDF Easy Parse
株)トラスト・ソフトウェア・システム
暗号化・電子署名・タイムスタンプ ライブラリ作成します。
お問い合わせください。