PDF Imager-LP TIFF画像に変換 VB.NETサンプル

PDF Imager-LP TIFF画像に変換 VB.NETサンプルと解説

PDF Imager-LPは、PDF文書を画像(TIFF、JPEG、PNG)に変換するライブラリで、機能を限定した廉価版です。 (PDF Imager-LP概要はこちらです。)
今すぐ購入 (価格)

他の開発言語サンプル: C#のサンプル C++のサンプル

ここでは、PDFの指定したページを画像に変換するサンプルを示します。他のサンプルは以下を参照してください。

ダウンロード:
PDF Imager-LPの無償体験版は、以下からダウンロードできます。無償体験版は、製品版と同じ機能が使えます。
利用許諾契約書をご確認のうえダウンロードしてください。ダウンロードしますと、利用許諾に同意したものとみなします。
評価利用では、ライセンスキーが必要ですので一緒にダウンロードしてください。


高機能な、画像変換ライブラリ「PDF to Image Converter」は、こちらです。

TIFF形式の単一ページ画像に変換するVB.NETサンプルと解説

PDF文書をTIFF形式の単一ページ画像に変換するVB.NETのサンプルコードです。複数ページのTIFF画像に変換するサンプルはこちらです。
他のJPEG、PNG画像変換はこちらです。

Imports PDFTools.PdfImagerLP

Module toTiff

    Sub Main()
        'インスタンス
        Dim imgr As PdfImager = New PdfImager()

        '初期化
        imgr.Initialize("ライセンスキー")

        'オープン
        imgr.OpenDoc("in.pdf", "", "")

        '画像作成
        imgr.CreatePict(1, "out.tiff")    '第1のページを変換

        '文書クローズ
        imgr.CloseDoc()

        '後始末
        imgr.Uninitialize()
    End Sub

End Module
Initialize 初期化
引数にライセンスキーを指定します。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
OpenDoc PDFファイルを開く
指定したファイルが画像への変換対象になります。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数に以下を指定します。
第一引数:PDFファイル名
第二引数:オーナーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第三引数:ユーザーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第一引数PDFファイル名
第二引数オーナーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第三引数ユーザーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
CreatePict 指定されたページを画像に変換します。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数は以下を指定します。
第一引数:PDF文書のページ番号(最初のページは1と指定します。)
第二引数:結果を格納するファイル名を指定します。指定された拡張子によって画像形式が次のように選択されます。
.png:PNG形式、.jpegまたは.jpg:JPEG形式、.tiffまたは.tif:TIFF形式
第一引数PDF文書のページ番号(最初のページは1と指定します。)
第二引数結果を格納するファイル名を指定します。指定された拡張子によって画像形式が以下のように選択されます。
拡張子画像形式
.pngPNG(Porable Network Graphics)形式
.jpegまたは.jpgJPEG(Joint Photographic Experts Group)形式
.tiffまたは.tifTIFF(Tagged Image File Format)形式
CloseDoc開いたPDFファイルを閉じます。
Uninitialize 終了します。

複数ページのTIFF画像に変換するサンプルと解説(その1)

PDF文書をTIFF形式の複数ページに変換するVB.NETのサンプルコードです。
ここでは、変換するページを連続して指定する方法を解説します。ページは、開始ページと終了ページで指定します。
任意のページをTIFF画像に変換するサンプルは、こちらを参照してください。

Imports PDFTools.PdfImagerLP

Module toTiff

    Sub Main()
        'インスタンス
        Dim imgr As PdfImager = New PdfImager()

        '初期化
        imgr.Initialize("ライセンスキー")

        'オープン
        imgr.OpenDoc("in.pdf", "", "")

        '画像作成
        imgr.CreateTiffRange(1, -1, "out.tiff")    'すべてのPDFのページを昇順で画像に変換

        '文書クローズ
        imgr.CloseDoc()

        '後始末
        imgr.Uninitialize()
    End Sub

End Module
Initialize 初期化
引数にライセンスキーを指定します。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
OpenDoc PDFファイルを開く
指定したファイルが画像への変換対象になります。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数に以下を指定します。
第一引数:PDFファイル名
第二引数:オーナーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第三引数:ユーザーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第一引数PDFファイル名
第二引数オーナーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第三引数ユーザーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
CreateTiffRange 範囲で指定されたページを画像に変換します。
指定された範囲のページを順にTIFF画像に変換します。この指定によって、複数のページで構成された単一のTIFF画像ファイルが生成されます。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数は以下を指定します。
第一引数:変換を開始するPDFのページ番号(最初のページは1を指定します。)
なお0(ゼロ)は、最初のページと同じ意味です。
第二引数:結果を格納するTIFF画像ファイル名を指定します。
第一引数変換を開始するPDFのページ番号(最初のページは1を指定します。)
なお0(ゼロ)は、最初のページと同じ意味です。
第二引数結果を格納するファイル名を指定します。
CloseDoc開いたPDFファイルを閉じます。
Uninitialize 終了します。

複数ページのTIFF画像に変換するサンプルと解説(その2)

PDF文書をTIFF形式の複数ページに変換するVB.NETのサンプルコードです。
ここでは、変換するページを任意に指定する方法を解説します。ページは、文字列で指定します。
連続したページをTIFF画像に変換するサンプルは、こちらを参照してください。

Imports PDFTools.PdfImagerLP

Module toTiff

    Sub Main()
        'インスタンス
        Dim imgr As PdfImager = New PdfImager()

        '初期化
        imgr.Initialize("ライセンスキー")

        'オープン
        imgr.OpenDoc("in.pdf", "", "")

        '画像作成
        imgr.CreateTiffMulti("1,4-6", "out.tiff")  '指定のPDFのページを画像に変換

        '文書クローズ
        imgr.CloseDoc()

        '後始末
        imgr.Uninitialize()
    End Sub

End Module
Initialize 初期化
引数にライセンスキーを指定します。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
OpenDoc PDFファイルを開く
指定したファイルが画像への変換対象になります。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数に以下を指定します。
第一引数:PDFファイル名
第二引数:オーナーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第三引数:ユーザーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第一引数PDFファイル名
第二引数オーナーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
第三引数ユーザーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはNULL
CreateTiffMulti 指定されたページを画像に変換します。
ページは、区切り文字(スペース、タブ、コンマ)で区切って指定します。サンプルのように範囲を指定することもできます。この指定によって複数のページで構成された単一のTIFF画像ファイルが生成されます。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数は以下を指定します。
第一引数:変換するPDFのページのリスト文字列
第二引数:結果を格納するファイル名を指定します。
第一引数変換するPDFのページのリスト文字列
第二引数結果を格納するファイル名を指定します。
CloseDoc開いたPDFファイルを閉じます。
Uninitialize 終了します。

無償評価版およびサンプル

PDF Imager-LPの無償体験版は、以下からダウンロードできます。無償体験版は、製品版と同じ機能が使えます。
利用許諾をご確認のうえダウンロードしてください。ダウンロードしますと、利用許諾に同意したものとみなします。
評価利用では、ライセンスキーが必要ですので一緒にダウンロードしてください。
サンプル ソースコード:サンプルのソースコードは以下をダウンロードしてください。(Visual Studio2008プロジェクト)
PDFImagerLP_samples_1_8_2.zip

ご質問、お問い合わせ

メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。

PDF Toolsライト

PDF Imager-LPサンプル

PDF 構文解説

(ISO32000-1より)

PDF Tools C++サンプル