PDF Tools ホーム > PDF Tools ライト > PDF Image-Sv概要 > C#サンプル > 単一画像へ変換サンプル

PDF Imager-LP 画像変換 C#サンプルと解説

PDF Imager-Svgは、PDF文書をSVG形式画像に変換するライブラリです。PDF Imager-LP概要はこちらです。

PDF Imager-Sv: PDF Imager-Sv 購入(価格)
PDF Imager-Su: PDF Imager-Su 購入(価格)


ここでは、PDFの指定ページを画像に変換するサンプルを示します。


他の開発言語によるサンプル:
 C++画像変換サンプル


ダウンロード:
PDF Imager-Svの無償体験版は、以下からダウンロードできます。無償体験版は、製品版と同じ機能が使えます。
利用許諾契約書をご確認のうえダウンロードしてください。ダウンロードしますと、利用許諾に同意したものとみなします。
評価利用では、ライセンスキーが必要ですので必ずダウンロードしてください。


インストール

ライブラリは、無償でダウンロードおよび試用できます。 ダウンロードしてから、適当なフォルダーに解凍してください。 以下のようなフォルダーができますので適宜ご利用ください。

docライブラリ説明書、利用許諾契約書
includeC/C++用ヘッダー(.h)ファイル
VB6.0用モジュール
libDLLライブラリおよびLibファイル、JARファイル
sampleC#/VB.NET言語、C/C++言語

サンプルの実行前に、lib/ImagerSvgNET.dllを参照設定に追加し、lib/PdfImagerSvg.dllを適切なフォルダーにコピーしてください。

SVG形式画像に変換するC#サンプルと解説

PDF文書の指定ページをSVG形式画像に変換するC#のサンプルコードです。(C++はこちら)
入力のPDF文書と変換されたSVG形式画像はこちらです。(SVGデータは対応ブラウザーでのみ表示できます。)

このサンプルでは文字列をパスに変換しますので、文字列をクリップボードにコピーできません。
文字列をコピーできるようにするサンプルこちらです。

using System;
using PDFTools.PdfImagerSvg;

namespace CreateSvg
{
    class CreateSvg
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //インスタンス生成
            ImagerSvg imgr = new ImagerSvg();

            //初期化
            if (imgr.Initialize("ライセンスキー") != 0)
            {
                Console.WriteLine("ライセンスキーが不正です。");
                Environment.Exit(2);
            }

            //オープン
            if (imgr.OpenDoc("in.pdf", null, null) != err.MSV_NO_ERROR)
            {
                Console.WriteLine("PDFファイルを開けません。");
                Environment.Exit(3);
            }

            //画像作成
            imgr.ConvertByList("1", "out.svg");      //先頭のページを画像に変換

            //文書クローズ
            imgr.CloseDoc();

            //後始末
            imgr.Uninitialize();
        }
    }
}
Initialize 初期化
引数にライセンスキーを指定します。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
OpenDoc PDFファイルを開く
指定したファイルが画像への変換対象になります。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数に以下を指定します。
第一引数PDFファイル名
第二引数オーナーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはnull
第三引数ユーザーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはnull
ConvertByList 指定されたページを画像に変換します。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数は以下を指定します。
第一引数PDF文書のページ番号(最初のページは1を指定します。)
第二引数結果を格納するファイル名を指定します。
CloseDoc 開いたPDFファイルを閉じます。
Uninitialize 終了します。
変換結果:

画像をクリックすると、変換されたSVGデータを(SVG対応ブラウザの場合)表示します

文字列を<text>で宣言されたSVG形式画像に変換するC#サンプルと解説

PDF文書の指定ページをSVG形式画像に変換するC#のサンプルコードです。(C++はこちら)
入力のPDF文書と変換されたSVG形式画像はこちらです。(SVGデータは対応ブラウザーでのみ表示できます。)

このサンプルでは<text>を使った文字列に変換しますので、文字列をクリップボードにコピーできます
PDF文書の先頭行は以下のように変換されます。

<g transform="matrix(10.5,0,-0,10.5,0,0)">
<text font-family="Times New Roman" font-size="1" stroke="none" fill="#000000" x="2.70286 3.25826 3.97966 4.78646 5.12386 5.89526 6.33866 6.83806 7.28146 7.58986 7.92226 8.48166" y="2.56571 2.56571 2.56571 2.56571 2.56571 2.56571 2.56571 2.56571 2.56571 2.56571 2.56571 2.56571"> PDFImager-SV</text>
</g>
文字列をコピーできないサンプルこちらです。

using System;
using PDFTools.PdfImagerSvg;

namespace CreateSvg
{
    class CreateSvg
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //インスタンス生成
            ImagerSvg imgr = new ImagerSvg();

            //初期化
            if (imgr.Initialize("ライセンスキー") != 0)
            {
                Console.WriteLine("ライセンスキーが不正です。");
                Environment.Exit(2);
            }

            //オープン
            if (imgr.OpenDoc("in.pdf", null, null) != err.MSV_NO_ERROR)
            {
                Console.WriteLine("PDFファイルを開けません。");
                Environment.Exit(3);
            }

            //文字列を<text>で宣言させる
            imgr.SetPicture(PictureOpt.TEXT_STRING_TAG, 1);
            imgr.SetPicture(PictureOpt.TEXT_SPAN_STRING, 0);

            //画像作成
            imgr.ConvertByList("1", "out.svg");      //先頭のページを画像に変換

            //文書クローズ
            imgr.CloseDoc();

            //後始末
            imgr.Uninitialize();
        }
    }
}
Initialize 初期化
引数にライセンスキーを指定します。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
OpenDoc PDFファイルを開く
指定したファイルが画像への変換対象になります。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数に以下を指定します。
第一引数PDFファイル名
第二引数オーナーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはnull
第三引数ユーザーパスワード(パスワードで暗号化されている場合)、またはnull
TEXT_STRING_TAG 1(真)と共に指定して、<text>を使った文字列に変換させます。
TEXT_SPAN_STRING 0(偽)と共に指定して、文字列の<tspan>による分割を抑制します。
ConvertByList 指定されたページを画像に変換します。
成功すると、0(ゼロ)が戻ります。それ以外はエラーです。
引数は以下を指定します。
第一引数PDF文書のページ番号(最初のページは1を指定します。)
第二引数結果を格納するファイル名を指定します。
CloseDoc 開いたPDFファイルを閉じます。
Uninitialize 終了します。
変換結果:

画像をクリックすると、変換されたSVGデータを(SVG対応ブラウザの場合)表示します
文字列をクリップボードにコピーできることを確認できます。

エラー コード

以下のエラーコードが戻ります。

MSV_ALREADY_INITIALIZED既に初期化されています。
MSV_NOT_INITIALIZED初期化できない、もしくは、初期化していない場合。
MSV_INIT_FILE_OPEN_ERROR初期化ファイルを読めません。
MSV_LICENSE_ERROR不正なライセンスキーもしくは、評価用ライセンスキーの期限切れです。
MSV_ALREADY_OPENED既にPDF文書をオープンしています。
MSV_FILE_OPEN_ERROR指定のPDF文書をオープンできません。
MSV_FILE_IS_NOT_PDFPDF文書として解析できません。
MSV_FILE_NOT_DECRYPTEDPDF文書が暗号化されていますが、指定のパスワードでは復号できません。
MSV_FILE_NOT_OPENEDPDF文書がオープンされていません。
MSV_PDF_PARSE_ERRORPDFの解析中にエラーとなりました。
MSV_PDF_HAS_NOT_PAGE指定のPDF文書にはページがありません。
MSV_INVALID_PAGE_NUMBER指定したページの番号は無効です。
MSV_DRAW_ERROR画像作成用のメモリー領域を確保できません。

無償評価版およびサンプル

PDF Imager-Svgの無償体験版は、以下からダウンロードできます。無償体験版は、製品版と同じ機能が使えます。
利用許諾をご確認のうえダウンロードしてください。ダウンロードしますと、利用許諾に同意したものとみなします。
評価利用では、ライセンスキーが必要ですので一緒にダウンロードしてください。


サンプル ソースコード

サンプルのソースコードは、以下をダウンロードしてください。(Visual Studio2008プロジェクト)

ご質問、お問い合わせ

メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。