トラスト・ソフトウェア・システム
トラスト・ソフトウェア・システム

PDF/Aとは

PDF/Aは、間違いなく電子文書のための標準的な長期保存のソリューションとして地位を確立するでしょう。 PDF/Aは、2005年10月1日にISO規格として発行されて以来、世界征服に着手しています。 そのようなPDF/AのISO委員会に、PDF Tools AG社はスイスの代表として参加しています。 PDF Tools AG社が開発したPDF Toolsは、PDF/Aで扱うすべての問題についての、有能なコンタクトポイントです。 PDF Tools AG社及び株式会社トラスト・ソフトウェア・システム社は、このWebサイト上で皆様独自の質問(問題)への答えが見つからない場合にサポートいたします。
PDF/Aについて PDF/A 製品
概要
PDF/A入門
PDF/Aの10の最も重要なこと
デジタルソースからのPDF/A
PDF/A関連処理
概要
PDF/Aへの電子署名と検証
PDF/Aと文書変換
PDF/Aの印刷と表示
PDF/Aの作成と再構成
他(製品一覧)

PDF/Aについて


PDF/A入門

はじめに

背景
2005年9月28日に国際標準化機構(ISO)は、電子文書のアーカイブの新しい標準を承認しました:
ISO-19005-1 - 文書管理 - 長期保存のための電子文書ファイル形式 - Part 1:PDF 1.4の利用(PDF/A-1)
標準は、世界中の企業や組織間の連携による36カ月以上の結果でした。
2002年5月には、Association for Information and Image Management (AIIM)、National Printing Equipment Association (NPES)、Administrative body for the US Courts で電子的にアーカイブされた文書のための標準化フォーマットの作成のためのイニシアチブを立ち上げ、 キックオフミーティングを2002年10月に開催しました。 ミーティングの出席者は、PDFメーカーのAdobe Systems、Library of Congress、Surety Inc.、Quality Associates Inc.、Appligent、Merck、EMC、PDF Sages、NARA (National Archives and Records Administration)で、 Xerox、Honeywell、EDS、Glaxo Smith Klineもまた後ほど参加しました。
プロジェクトの創設者は最初のバージョンを、それが国際標準として登録するためにISOへの勧告を提出し、 ISOは、そのプロジェクトをTechnical Committee(技術委員会)TC171(Document Management Applications;文書管理アプリケーション)に割り当てました。 TC171は、13の加盟国の代表者(それぞれが1つの投票権)と共に、それ以外の21カ国からのオブザーバーで構成されています。 数多くのレビューと改善によって、規格は2005年9月に承認されました。
PDF/Aは、なぜ主導するのか?
アーカイブ形式は国によって異なっています。 再現性を保証しながらの従来のアーカイブ方法(紙、マイクロフィルム、マイクロフィッシュ)は、もはや最新のテクノロジーに準拠していません。 大きな文書を世界中に迅速に郵送することは困難であり、特定のコンテンツにアーカイブされた文書を検索することは非常に困難です。 多くの組織では電子アーカイブ構築への第一歩として、TIFFアーカイブを設定しています。 TIFF形式はまた、長期の再現性を保証し十分に確立された形式であるといえます。 TIFF形式は、今や世界的に接続されている組織では迅速かつ容易に送信することができますが、まだ検索は難しいです。
PDFがこの時点で考慮されるようになりました。それは、いくつかの理由によりPDFがTIFFよりも魅力的なためです。
  • PDFは、アーカイブ全体での効率的な検索をサポートする構造化されたオブジェクト(テキスト、ベクトルグラフィックス、ラスタイメージなど)を保持します。 一方TIFFは、ラスタ形式であり全文検索をするためにはOCRで処理しなければなりません。
  • PDFファイルはよりコンパクトで、多くの場合にTIFFファイルで必要とする格納領域より小さな領域に(しばしば、より良い品質で)格納できます。 ファイルサイズが小さいことは電子データ交換(FTP、電子メールの添付ファイルなど)のために特に有益です。
  • タイトル、作成者、作成および変更の日付、内容、キーワードなどのメタデータはPDF文書内に直接埋め込むことができます。 したがって、それらのデータを使って人が介入することなく自動的に分類することができます。
  • PDF文書のページ内容は、通常はデバイスに依存していません、すなわちラスタの解像度やカラーコードなどから独立しています。 それらのページは、ラスタ上への再作成(レンダリング処理)が終わるまで表示しません(表示できません)。 したがって、PDF文書は出力機器(プリンターやモニターなど)の何年か後の技術進歩の恩恵を受けられます。
デファクトスタンダードであるPDFの作成者アドビシステムズ社は、最後の13年間で、その'PDFリファレンスマニュアル"の8つの新しいバージョンを公開しています。それぞれの新しいバージョンでは、多数の新機能を備えた形式を拡大し、古い機能の一部を変更しました。 それぞれの新しいバージョンでは、多数の新機能で形式を拡張し、そして古い機能の一部を更新しました。 したがって、安定した長期アーカイブのための国際的に認められた標準を、Adobeの独自のPDF仕様を基にして、開発する必要がありました。その結果がPDF/Aです。

PDF/A 規格

PDF/Aの目的
ISO規格19005は、PDFに基づいて、PDF/Aと呼ばれるファイル形式を定義しています。 その形式は文書に、視覚的な外観が長期間保持され続け、作成(レンダリング処理)のためのツールやシステムに依存しないで格納と再作成(再レンダリング処理)できる機構を提供します。 この規格は、方法、意図および保存の目的のいずれについても指定していません。 この規格の意図は、電子文書が将来にわたってオリジナルの外観どおりに見られることを保証することです。 このような理由から、文書は任意の外部ソースに間接的または直接的な参照を許可しません。 その例は、外部の画像や文書自体に埋め込まれていないフォントです。
PDF と PDF/A の比較
通常のPDF形式は、長期的な再現性やソフトウェアおよび出力デバイスからの完全な独立性を保証しません。 両方の原理を保証するためには、既存のPDF仕様を限界まで拡張する必要がありました。 PDF/A-1が広く聴衆からの受け入れを達成するために、PDFの既存のバージョンを基にしてしなければならなかったことは、はじめから明確でした。 ISO委員会TC171はPDF/A-1標準の基礎としてのAdobe PDFリファレンス1.4を選びました。
PDFリファレンス1.4は、そのAcrobat5製品にAdobeによって実装されました。 標準では、PDF/A-1はこのドキュメントのすべての要件を満たす必要があり、Acrobat 5の特定の技術的な限界を尊重しなければなりません。 オリジナルのPDFリファレンスとISO19005-1は、現在のPDF/A-1標準を包含します。 ISO19005-1はPDFリファレンスに関しての違いを識別するのみです。 それゆえ、PDFリファレンス1.4はPDF/A-1標準を理解する上で中心的な基礎となっています。
透明やオーディオおよびビデオの再生などいくつかのPDF 1.4の機能がPDF/A-1標準では禁止されています。 PDF 1.4の特定のオプションがPDF/A-1に必須となっています。例えば、使用されているすべてのフォントは、文書に埋め込まれなければなりません。 本質的に、PDF/A-1規格は、特にPDFリファレンス1.4の個々の特性を識別することと、それぞれが、「絶対に必要」、「推奨」、「限られた」、または「許可されていない」、を示す以外に何もしません。
PDF/A、A-1a、A-1b、A-2
PDF/A-1規格はPDF/A-1aとPDF/A-1bの2つの準拠レベルに分かれています。
PDF/A-1a(レベルA適合)はPDF/A-1標準のすべての要件に準拠していることが定義されています。
PDF/A-1に準拠するための最小要件は、PDF/A-1bに(レベルB準拠)に含まれています。 PDF/A-1bの要件は、一般的に長期間にわたる明確な再作成において十分です。
PDF/A-1aとPDF/A-1bとの違いは、主にアクセシビリティ要件(米国リハビリテーション法の第508)を重んじることにあります。
  • PDF/A-1aは、ドキュメントのテキストが抽出できること、文書の論理構造と共に統合されたテキスト素材の自然な読取りプロセスがそのまま在留することを保証します。 ドキュメントの抽出は、モバイルデバイス(例えば、PDA)に表示されるか、または米国リハビリテーション法第508条の意味で可視化される場合において主に重要です。 これは、テキストの表現が再編成(再フロー)されることによって、縮小されたスクリーンに収まるという要件が含まれています。 この機能は、タグ付きPDFとして知られています。
  • PDF/A-1は、確実にページ上のテキストやその他のコンテンツを一様に再作成します、がしかし、埋め込まれたテキストがわかりやすくて機械による判別ができることを保証するものでありません。 PDF/A-1bに準拠したファイルの作成者は、前述の第508条に基づいたより厳格な要件が満たされていない場合でも、読み取り可能な形式でテキストを自由に埋め込むことができます。
スキャンされた文書については、それがOCRで処理されてフルテキスト検索を有効にいる場合でも、PDF/A-1bには十分準拠します。
2011年7月に技術委員会は、新しい標準の部分をリリースしました。ISO19005-2(PDF/A-2)です。 PDF/A-1は、PDFバージョン1.4に基づいているます。PDF/A-2は、PDFバージョン1.7以降で利用できるようになった機能が含まれます。 しかし最も重要なことは、PDF/A-2はもはや特定のAdobe PDFバージョンに基づいていない代わりに、ISO規格32000-1に基づいていることです。
ISO委員会は、2012年10月に規格の第三版(ISO19005-3)をリリースしました。 添付ファイルとしてPDF / A準拠の文書PDF/A-2既に有効に埋め込む:PDF/A-3が必要ですが物議を醸しているだけつの変更が含まれています。 PDF/A-3は、しかし、それが可能なエクセル、ワード、HTML、初めてのCADやXMLファイルなどのドキュメント形式を埋め込むことができます。 PDF/A-3には、必要ですが物議を醸している変更がひとつだけ含まれています: PDF/A-2はすでに添付ファイルとしてPDF/Aに準拠した文書の埋め込みを可能にしていました。 しかしPDF/A-3は、Excel、Word、HTML、CAD、XMLなどのファイル形式の埋め込みを初めて可能にしました。

PDF/A 規格の使用

規格の入手
PDF/A規格ISO19005は、ISOのウェブサイトから購入できます。 コピーは、他のISO規格と同様に紙または著作権により保護たPDF形式を電子的に注文できます。 著作権により保護されていますので、インターネットを介してコピーを自由に提供することは違法です。 現在、規格は英語のみの提供です。
規格を理解するのは
PDF/A規格の目的は、アーカイブ戦略をサポートし、改善することです。 規格自体は非常に技術的で、PostScriptやPDFなどのページ記述言語の広範な知識を持つ専門家のみが理解ができるような内容です。 中心となる文書自体は小さいのですが、基底文書の範囲が非常に大きくなっています。 PDFリファレンス1.4だけで1,000ページあります。なお、これには参照文書(フォントと圧縮形式、XML仕様、ICCカラープロファイル、デジタル署名、RFC等)が含まれていません。 さらに、規格はそれひとつで長期保存を保証するものではありません。 PDF/A規格に基づいて全社的な文書長期保存ポリシーを実装するためには、PDF/Aの全要件を理解した専門家に相談することが推奨されます。
PDF/Aの生成ツール
PDF/A文書の作成と処理そして検証するためのツールは、2006年半ばから入手できるようになっています​​。 Adobe自身は、対応する機能を統合したAdobe Acrobatのバージョン8を2006年秋にリリースしました。 Microsoftもまた、Office 2007用にPDF/Aに準拠したファイルを直接生成できるプラグインを個別ダウンロードで提供しています。 PDFの/すでに市場に出回って、それが今では適切なPDF/ A準拠に関してそれぞれ作成されたPDF/ドキュメントをテストすることが非常に重要になってきて作成するための製品の数を考える。 PDF/A文書を生成する製品は既に市場に出回っています。今は、生成されたPDF/A文書が規格に準拠しているかをテストすることが重要になってきています。
PDF/Aは包括的なソリューションが必要
PDF/A規格は包括的なソリューションのためのコンポーネントにすぎません。 PDF/Aだけで長期保存を保証するものでなく、また表示が意図したとおりに機能するものでもありません。 PDF/Aはすべてのシナリオにおいて、そのどちらも、最も適切なソリューションとなることを主張しています。 一方でPDF/Aは、長期にわたって保存することができるように電子文書の特定の要件を定義しています。 PDF/A準拠アーカイブが実装されている場合は、他の側面を考慮しなければなりません。 これらには特に、社内の基準とプロセス、品質管理、信頼性のあるデータソース、特定アプリケーションの目的に合わせた専用要件、が含まれます。 具体的には、したアーカイブへの既存の紙やTIFFアーカイブからPDF/A準拠アーカイブへの移行は容易な作業ではありませんので、慎重に計画しなければなりません。

要約

新しい文書保存標準としてのPDF/A
PDF/Aは、電子文書を保存するための新しい標準となることが期待されます。 PDFは、世界中の民間部門と公共部門のどこにでもあり、既に無数の目的のためのフォーマットとして受け入れられています。 PDF/A標準は、ユーザが安全であっても長い時間の後にドキュメントを正しく再作成(再現)できることを、保証するのに役立ちます。
PDF/A標準の導入は、PDF自身の将来の発展に影響するであろうし、そうすべきです。 これとは別に、Adobeは改善と新機能の導入を継続します。例えば、3Dモデルや動的なPDFフォームのXFAが含まれています。 それは規格にさらなる圧力をかけるでしょう、しかしそれは、規格の本質(特に文書保存の規格)が頻繁に変更されていないためです。
製品と市場
PDF/A製品が市場を水浸しにすることを期待すべきではありません。 これは、PDF/Aの背後にある技術を理解するにはかなりの知識が必要なためです。 さらにユーザは、より高い品質を標準に準拠したソフトウェアに要求しています。 最初のツールは、2006年半ばに市場に登場しました。 需要は、PDF/A検証ならびに既存PDF文書のPDF/A準拠文書への変換といったPDF/A準拠物の作成です。
最初のプロフェッショナルPDF/Aツールの外観は、すでにPDF/Aに準拠した文書保存システム実装のためのプロセスを牽引していました。 この時点では、たくさんの機能を期待することはできませんでした。 当初は限定されたPDF/A-1bが提供される可能性が高く、後になるまで完全なPDF/A-1aではありませんでした。 新基準を導入したときの多くがそうであるように、市場に投入された多くの製品は、PDF/Aの適合を謳いながら実施にはその要求を満たしていませんでした。 評価や評判の良いプロバイダ向けの専門知識は、特に初期段階に需要があります。
長期戦略
PDF/Aは短命ではありません。 PDF文書を保存するための標準化されたフレームワークの必要性は、数年前から存在しています。 PDFは既に、会社固有のポリシーの助けを借りて、多くのアプリケーションでこの目的のために使用されています。 Microsoftが最新のオフィスアプリケーションで直接PDF/A文書を作成する機能を顧客の需要に応答しているという事実は、明確なシグナルといえます。 PDF/Aがここに滞在することが、国際的に受け入れられています。

(記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。)
PDF Tools 製品 概要
PDF Security
PDF Validator
PDF to PDF/A Converter
PDF to Image Converter
PDF Imager-LP
Image to PDF Converter
PDF Printer
PDF Viewer
PDF Viewer-L
PDF Prep Tool Suite
PDF Optimization
PDF Command Line Suite
PDF Extract
PDF Easy Parse
株)トラスト・ソフトウェア・システム
暗号化・電子署名・タイムスタンプ ライブラリ作成します。
お問い合わせください。