トラスト・ソフトウェア・システム
トラスト・ソフトウェア・システム

PDF/Aとは

PDF/Aは、間違いなく電子文書のための標準的な長期保存のソリューションとして地位を確立するでしょう。 PDF/Aは、2005年10月1日にISO規格として発行されて以来、世界征服に着手しています。 そのようなPDF/AのISO委員会に、PDF Tools AG社はスイスの代表として参加しています。 PDF Tools AG社が開発したPDF Toolsは、PDF/Aで扱うすべての問題についての、有能なコンタクトポイントです。 PDF Tools AG社及び株式会社トラスト・ソフトウェア・システム社は、このWebサイト上で皆様独自の質問(問題)への答えが見つからない場合にサポートいたします。
PDF/Aについて PDF/A 製品
概要
PDF/A入門
PDF/Aの10の最も重要なこと
デジタルソースからのPDF/A
PDF/A関連処理
概要
PDF/Aへの電子署名と検証
PDF/Aと文書変換
PDF/Aの印刷と表示
PDF/Aの作成と再構成
他(製品一覧)

PDF/Aについて


PDF/A-1 と PDF/A-2

はじめに
PDF/Aは、PDF文書の長期保存をサポートするために、2005年にISOによって公開されました。 最初のリリース(PDF/A-1)は、オリジナルのPDF1.4を基本として PDF文書が、将来のビュワーや印刷の技術進歩にかかわり無く、視覚的再現性を確保(人が見たものと同じ様に)されるように規格として取り込まれました。 ISOは、2011年7月にPDF/A-2規格をリリースしました。 PDF/A-2を導入するにあたって、ビジネス市場は2つの重要な疑問を持ちました。
1. PDF/A-1とPDF/A-2の違いは何なのか?
2. 既に作成したPDF/A-1文書をPDF/A-2に再変換する必要があるのか?
この記事では、上記のの質問に答え、PDF/A-2規格の理解を手助けします。
PDF/A-2規格の後ろ盾になっているもの
PDF/A-1はPDF1.4に基づいていますが、PDF/A-2はPDFバージョン1.7以降で利用できるようになった機能が利用できるようになりました。 しかし最も重要ことは、PDF/A-2はもはやAdobe PDFの特定のバージョンに基づいてされていないことです。今では、その代わりに、ISO規格32000-1に基づいています。
PDF/A-1 と PDF/A-2の違い
PDF/A-2には多くの機能が導入されました。
  • JPEG2000圧縮:
    JPEG2000圧縮がPDF/A-1規格のリリース後に策定されたPDF 1.5仕様で導入されました。 このようなマップ、帳簿書類などのチェックなどのカラーコンテンツを持つ、またはパスポートなど特にスキャンした文書は、JPEG2000圧縮の利点を追加。 JPEG2000圧縮が導入されたことにより、特にスキャンされた文書(地図、本、カラーの内容を含む小切手やパスポートなど)が利益を得ました。
  • コレクション経由の埋め込みPDF/Aファイル:
    Acrobatは、コレクション(“ポートフォリオ”と呼ばれることもあります)の生成を許可しています。コレクションには、複数のPDF/A文書がコンテナPDF文書として結合されます。 PDF/Aコレクションは例えば、電子メールのアーカイブにおいて、添付データPDF/Aに変換して電子メール本文を変換したPDF/Aの内部に“コレクション”として格納できます。 PDF/Aコレクションはまた、セキュリティアプリケーションにおいて、それぞれの(単一の)ページに電子署名する場合にも利益を得られます。 PDF/Aコレクションは、単一のページを結合していますので、それぞれのページを検証せずに削除できます。
  • 透明:
    透明性は、PDF/A-1規格リリースの時点でPDF1.4の一部です。それをPDF/A-1規格に含めることは十分に定義されていません。 仕様は、規格のリリース以降で実質的に成熟しています。そのため、透明性はPDF文書の共通の特徴となっています。 透明は、ドロップダウンシャドウ、クロスフェード、ハイライトマークアップなどで使われています。
  • オプションコンテンツ(レイヤ):
    オプションコンテンツ(レイヤーと呼ばれることもあります)は、マッピングアプリケーションやエンジニアリング図面に便利です。 レイヤーは、その表示を見ている人の要求情報にしたがって表示と非表示を切り替えることができます。 異なる言語は異なる層に実装することができる場所 - 使用の別の領域は、国際的に販売されている製品のユーザーマニュアルです。 それ以外の利用分野は、国際的に販売される製品のマニュアルです。このマニュアルの異なるレイヤーに異なる言語を実装しておけます。
  • 新しい準拠レベルPDF/A-2u("U"は、Unicodeの意):
    PDF/A-1bとPDF/A-2bは、“b”は、“Basic”(基本)の略で、視覚的整合性を主にしています。 PDF/A-1aとPDF/A-2aは、アクセシビリティーを主にしています - “a”は“accessibility”(アクセシビリティー)です。 新しい準拠レベルPDF/A-2uがPDF/A-2に加わりました(“u”は"Unicode"です)。 これは、検索して、その後の光学式文字認識(OCR)でスキャンしたデジタルで作成したPDF文書やPDF文書のためのUnicodeテキストのコピーテキストを簡素化します。 これは、テキスト検索やPDF文書(Unicodeテキストをディジタルで生成したPDF文書や、光学式文字認識(OCR)を使って作成したPDF文書など)にコピーすることを簡素化します。
  • オブジェクト·レベルのXMPメタデータ:
    PDF/A-2は、カスタムXMPメタデータのための要件を示しています。
  • コメントタイプと注釈:
    いくつかの新しいコメントタイプが禁止されるあのテーションタイプに追加されました。そして同時に、テキスト編集コメントが新しいPDF/A-2規格として認められました。
  • 電子署名:
    PDF/A-1では既に電子署名ができます。PDF/A-2では、相互運用性が保証されるようにするために定義されました。
既に作成したPDF/A-1文書をPDF/A-2に再変換する必要があるのか?
PDF/A-2はどのような方法でもPDF/A-1に取って代わる、または変換されることはありません。 すでに作成されたPDF/A-1準拠の文書は、有効なPDF/Aの長期アーカイブファイルとして残存します。 アーカイブされたPDF/A-1文書は、変更されないでアーカイブストレージに残ります。そのため、PFD/A-2への「更新」(PDF/A-1をPDF/A-2にすること)は必要ありません。
ある組織において、ある機能(その機能を導入したほうが使い勝手がよく、オリジナルの文書をPDF/A-2に変更したほうが利点がある)を発見した。 For organizations that find the features introduced with PDF/A-2 useful, converting the original source documents to PDF/A-2 will have an advantage. しかし同じ様にその組織では、 PDF/A-2で導入された機能による利益は得られないでしょう、 ソース文書をPDF/A-1に変換したものは十分に働いているためです。PDF/A-1とPDF/A-2の双方は、長期保存のPDF文書を完全にサポートします。

(記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。)
PDF Tools 製品 概要
PDF Security
PDF Validator
PDF to PDF/A Converter
PDF to Image Converter
PDF Imager-LP
Image to PDF Converter
PDF Printer
PDF Viewer
PDF Viewer-L
PDF Prep Tool Suite
PDF Optimization
PDF Command Line Suite
PDF Extract
PDF Easy Parse
株)トラスト・ソフトウェア・システム
暗号化・電子署名・タイムスタンプ ライブラリ作成します。
お問い合わせください。