PDF Optimizer

概要

「PDF Optimizer」は、PDF文書を利用目的に合った手順でそのデータサイズを縮小します。

  価格見積り
PDF Optimizer 動作概要

Web用設定
・表示や文書交換に不要なデータをPDFファイルから削除
・画像のダウンサンプリングや最適な再圧縮
・PDFファイルに埋め込まれたフォントを統合、サブセット化
・Web表示のためにリニアライズ
・色空間をRGBに変換

アーカイブ(文書保存)用設定
・文書の保存に不要なデータをPDFファイルから削除
・画像の最適な再圧縮
・PDFファイルに埋め込まれたフォントを統合、サブセット化

印刷用設定
・印刷に不要なデータをPDFファイルから削除
・画像のダウンサンプリングや最適な再圧縮
・PDFファイルに埋め込まれたフォントを統合、サブセット化
・色空間をCMYKに変換

サンプル:  C# C++

無償評価版

製品の種類 (ライセンスのバリエーション)

PDF Optimizerは以下の種類の製品(ライセンス)があります。用途に合わせて選択してください。
  • コマンド・ラインで利用する製品(ライセンス)
    PDF Optimizerの機能をコマンドラインで利用するコンポーネントです。 バッチ処理などで処理する場合に適します。
    開発のライセンスは含みません。
  • アプリケーションを開発するための製品(SDKライセンス)
    クライアントPCまたはサーバーで開発するためのライセンスです。
    利用のライセンスを含みません。
  • ライブラリ(API)クライアントで利用する製品(クライアント・APIライセンス)
    クライアントPCで利用するためのライセンスです。
    開発のライセンスを含みません。
  • ライブラリ(API)をサーバーで利用する製品(サーバー・ライセンス)
    PDF Optimizerの機能をサービスとして提供するためのライセンスです。
    開発のライセンスを含みません。

機能

PDF Optimizer(最適化)
  • カラー画像やグレースケール(モノクロ)画像またはインデックス画像の解像度を下げる(ダウン・サンプリング)
  • ダウンサンプリングを開始するしきい値を設定
  • 色変換(RGB、CMYK、グレースケールへ)
  • 再圧縮(JPEG、JPEG2000、JBIG2、CCITT G3, G3-2D, G4、Flate、LZW)
  • フォントをサブセット化
  • 埋め込まれた標準フォントからフォントの除去
  • リソースの最適化
  • 冗長なオブジェクトの除去
  • 不要な情報の削除:記事のスレッド、代替画像、メタデータ、ページ断片情報、文書構造ツリー、サムネール、スパイダー情報
  • フォームフィールドと注釈を削除もしくは変更
  • 暗号化されたPDF文書のを読み書き
  • Web閲覧用のリニアライズ
  • 一覧画像属性:ページ番号、サイズ、解像度、色空間、圧縮タイプ、圧縮率、PDF文書内でのスペース要件
  • リストに使用されるフォントとその属性

仕様

入力フォーマット
  • PDF 1.x (PDF 1.0,...,PDF 1.7)
  • PDF 2.0

出力フォーマット
  • PDF 1.x (PDF 1.0,...,PDF 1.7)
  • PDF 2.0

OS
  • Windows 8, 8.1, 10
  • Windows Server 2012, 2012 R2, 2016, 2019 – 32 または 64Bit
  • HP-UX – 32Bit または Itanium
  • IBM AIX – 32 または 64Bit
  • Linux (SuSE and Red Hat on Intel)
  • Mac OS X
  • Sun Solaris

規格準拠
インターフェース
  • C/C++
  • Java
  • .NET Framework
  • .NET Core (Windows)
  • COM

OS
  • Windows 8, 8.1, 10 – 32 または 64Bit
  • Windows Server 2012, 2012 R2, 2016, 2019 – 32 または 64Bit
  • Linux
    • Red Hat, CentOS, Oracle Linux 7以降 - 64Bit
    • Fedora 29以降 - 64Bit
    • Debian 8以降 - 64Bit
    • Other: Linux kernel 2.6以降, GCC toolset 4.8以降 - 64Bit
  • macOS 10.10以降 - 64Bit

サンプル

PDFファイルのサイズを縮小して、Webサーバーのメモリ使用量を削減すると共にダウンロード時間を減らします。
出力PDFファイルはリニアライズされます。リニアライズとは、PDF文書全体がダウンロードされる前にそのコンテンツが表示されるようにすることです。

このサンプルコード(評価ライセンスおよびライブラリを含む)をダウンロード 
C#C/C++他のサンプル
// Optimizer生成
pOptimizer = PdfOptimizeCreateObject();

// Web/e-mailプロファイルを選択
PdfOptimizeSetProfile(pOptimizer, eOptimizationProfileWeb);

// Auto-linearization(自動リニアライズ)を無効
PdfOptimizeSetAutoLinearize(pOptimizer, 0);

// リニアライズを指定
PdfOptimizeSetLinearize(pOptimizer, bLinearize);

// 入力ファイルをオープン
if (!PdfOptimizeOpen(pOptimizer, szInputPath, _T("")))
{
    _tprintf(_T("入力ファイル %s をオープンできません。 %s (エラーコード: 0x%08x).\n"), szInputPath,
        PdfOptimizeGetErrorMessage(pOptimizer), PdfOptimizeGetErrorCode(pOptimizer));
    iReturnValue = 1;
    goto cleanup;
}

// PDFファイルを出力
if (!PdfOptimizeSaveAs(pOptimizer, szOutputPath, _T(""), _T(""), ePermNoEncryption))
{
    _tprintf(_T("出力ファイル %s を作成できません。 %s (エラーコード: 0x%08x).\n"), szOutputPath,
        PdfOptimizeGetErrorMessage(pOptimizer), PdfOptimizeGetErrorCode(pOptimizer));
    iReturnValue = 1;
    goto cleanup;
}

// 入力ファイルをクローズ
if (!PdfOptimizeClose(pOptimizer))
{
    _tprintf(_T("入力ファイル %s をクローズできません。 %s (エラーコード: 0x%08x).\n"), szInputPath,
        PdfOptimizeGetErrorMessage(pOptimizer), PdfOptimizeGetErrorCode(pOptimizer));
    iReturnValue = 1;
    goto cleanup;
}
_tprintf(_T("終了"));
このサンプルコード(評価ライセンスおよびライブラリを含む)をダウンロード 
C#C/C++他のサンプル
// Optimizerオブジェクト生成
using (Optimizer optimizer = new Optimizer())
{
    // WebとE-メールの最適化指定
    optimizer.Profile = PDFOptimizationProfile.eOptimizationProfileWeb;

    // Auto-Linearization(自動リニアライズ)を無効
    optimizer.AutoLinearize = false;

    // リニアライズを指定
    optimizer.Linearize = linearize;

    // 入力ファイルをオープン
    if (!optimizer.Open(inputPath, ""))
        throw new Exception(String.Format("入力ファイル {0} をオープンできません " +
            "{1} (エラー: 0x{2:x}).", inputPath, optimizer.ErrorMessage, optimizer.ErrorCode));

    // PDFファイルを出力
    if (!optimizer.SaveAs(outputPath, "", "", PDFPermission.ePermNoEncryption))
        throw new Exception(String.Format("出力ファイル {0} を作成できません " +
            "{1} (エラー: 0x{2:x}).", outputPath, optimizer.ErrorMessage, optimizer.ErrorCode));

    // 入力ファイルをクローズ
    if (!optimizer.Close())
        throw new Exception(String.Format("入力ファイル {0} をクローズできません " +
            "{1} (エラー: 0x{2:x}).", inputPath, optimizer.ErrorMessage, optimizer.ErrorCode));
}
Console.WriteLine("終了");

ご質問、お問い合わせ

メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。


PDF-Tools製品一覧

PDF-Toolsライト製品一覧

PDF Optimizer サンプル

PDF Toolsとは

PDF/Aとは