PDF Security

概要

「PDF Security」は、PDFおよびPDF/A文書への電子署名・タイムスタンプと暗号化の機能を提供します。

価格見積り

PDF Security 動作概要

電子署名

電子署名の様々なタイプを適用できます。
長期署名はPAdES-B-LTA、PAdES-LTV等に対応しています。
PDF SecurityはPDFおよびPDF/Aに準拠の電子署名を適用します。電子証明書の失効情報(CRLまたはOCSPによる)やタイムスタンプを埋め込むことができます。さらに、HSM(PKCS#11, ハードウェア・セキュリティ・モジュール)を利用すると、より信頼性の高い電子署名を適用します。
PDF Securityは、電子証明書・失効情報をチェックすることで電子署名の有効性を検証します。
署名領域に日本語を表示できます。

電子印鑑 (印鑑の画像)

可視署名では、電子印鑑(印影画像)を追加できます。追加した電子印鑑の電子署名の詳細情報情報(署名者や時刻など)を非表示にできます。

暗号化

PDF文書は、それが重要な場面で利用される場合、データの不正なアクセスや改竄から保護されなければなりません。このような場合、暗号化やアクセス許可フラグなどを利用してデータを保護します。

タイムスタンプ

電子署名を適用せず、タイムスタンプだけを追加できます。

利用分野

  • 文書保管
    電子文書の保管では、事前に電子署、タイムスタンプを付加します。
    これは、電子文書(国税関連文書など)を長期保存する要件のひとつです。
  • ソフトウェア開発者
    PDF Securityは、多くの経験や高度なプログラミングテックニックなしで、必要なソリューション(アプリケーション)に素早く統合することができます。
  • その他の利用分野
    • PDF文書を暗号化や電子署名を施すアプリケーション(クライアント、サーバー、Web)
    • 入力・出力管理における、集中型で大量の電子署名処理サービス
    • ワークフロー支援システム(執筆者、レビュー、リリースなど)
    • クライアント・ソリューション(電子署名署名アプリケーション)
    • 電子書籍

製品の種類 (ライセンスのバリエーション)

PDF Securityは以下の種類の製品(ライセンス)があります。用途に合わせて選択してください。
  • コマンド・ラインで利用する製品(クライアント・ライセンス)
    PDF Securityの機能をコマンドラインで利用するコンポーネントです。 バッチ処理などで処理する場合に適します。
    開発のライセンスは含みません。
  • アプリケーションを開発するための製品(SDKライセンス)
    クライアントPCまたはサーバーで開発するためのライセンスです。
    利用のライセンスを含みません。
  • ライブラリ(API)クライアントで利用する製品(クライアント・APIライセンス)
    クライアントPCで利用するためのライセンスです。
    開発のライセンスを含みません。
  • ライブラリ(API)をサーバーで利用する製品(サーバー・ライセンス)
    PDF Securityの機能をサービスとして提供するための開発を含めたライセンスです。
    開発のライセンスを含みません。

機能

PDF 暗号化・電子署名・タイムスタンプ

電子署名

  • PDF/A規格に準拠した電子署名
  • PDFおよびPDF/A文書に適用された電子署名と検証
  • 署名のタイプ
    • 文書への電子署名
    • MDP(Modification detection & prevention)署名
    • 文書へのタイムスタンプ追加
  • PAdES-B-LTA(long term availability and integrity of validation material)、PAdES-LTV(Long TermValidation)などで署名・検証
    • 信頼チェーン、タイムスタンプ、失効情報の埋込
    • 既存電子署名の有効期間を延長
    • 文書の署名検証情報をDSS(Document Security Store)に追加
  • 可視・不可視署名に対応
    • 可視署名では、ページ、サイズ、色、位置、テキスト、背景画像など指定可能
  • 一括署名では、OCSPやCRL、その他のデータをキャッシュ
  • 様々なタイプの暗号化プロバイダに対応
    • Windows certificate store
    • ハードウェアモジュール HSM(Hardware Security Module)、スマートカード、およびUSBトークンなど
    • オンライン署名サービス
      • myBica Digital Signing Service
      • Swisscom All-in Signing Service
      • GlobalSign Digital Signing Service
      • QuoVadis sealsign
    • カスタム電子署名ハンドラー インターフェース
  • 一括署名
  • 複数署名

既存電子署名への処理

  • 署名検証
  • 電子署名を削除
  • PDF文書から署名されたバージョン(レビジョン)を抽出

PDF文書の暗号化と復号

  • PDF文書の使用制限を設定
    • 印刷と印刷の解像度、変更、抽出やコピー、コメント追加、フォームへの追加、コンテンツ抽出、文書の構成
  • 暗号化フィルターとストリームフィルターを設定
  • 暗号化強度を設定
  • 所有者とユーザーのパスワードを設定

スタンプ

  • テキスト、画像、ベクトル・グラフィックをスタンプとして追加
  • ハイパーリンクを追加
  • PDF/A準拠のスタンプ
  • 既存スタンプの変更
  • 署名されたPDF文書へのスタンプは既存署名を保持
  • レイヤーへのスタンプ

  • PDF文書のメタデータ追加
  • PDF文書をリニアライズ(linearize Web最適化)(PDF2.0を除く)

仕様

入力フォーマット

  • PDF
    PDF1.0~1.7, PDF2.0
  • PDF/A
    PDF/A-1, PDF/A-2, PDF/A-3

出力フォーマット

  • PDF
  • PDF/A(入力のフォーマットがPDF/Aの場合)

規格

  • 標準:
  • PAdES(ETSI EN 319 142)
    B-B, B-T, B-LT, B-LTA, CMS
  • PAdES(ETSI TS 103 172)
    B-Level, T-Level, LT-Level, LTA-Level
  • PAdES(ETSI TS 102 778)
    Part2(PAdES Basic), Part3(PAdESBES), Part4 (PAdESLTV, Long Term Validation)
  • Long term signature profiles for PAdES (ISO 145333)
  • Cryptographic Suites (ETSI TS 119 312)

OS

  • Windows 8, 8.1, 10 – 32 または 64Bit
  • Windows Server 2016, 2019 – 32 または 64Bit
  • Linux:
    • Red Hat, CentOS, Oracle Linux 7以降 - 64Bit
    • Fedora 29以降 - 64Bit
    • Debian 8以降 - 64Bit
    • 他 Linux kernel 2.6以降, GCC toolset 4.8以降 - 64Bit
  • macOS 10.10以降 - 64bit

インターフェース

  • API: C, Java, .NET, COM

プログラム言語

  • C
  • Java
  • .NET Framework
  • .NET Core (Windowsのみ)
  • COM

サンプル

PDF文書に電子電子署名するサンプルです。
電子証明書はWindows Cryptgraphic Providerから取得し、必要な暗号アルゴリズムを取得します。 サンプルでは、Common Name(CN)で電子証明書を選択します。

このサンプルコード(評価ライセンスおよびライブラリを含む)をダウンロード 
C# C/C++ 他のサンプル
// Secureオブジェクト生成
pSecure = PdfSecureCreateObject();

// 入力ファイルをオープン
if (!PdfSecureOpen(pSecure, szInputPath, _T("")))
{
    _tprintf(_T("入力ファイル %s をオープンできません。 %s (エラーコード: 0x%08x).\n"),
        szInputPath, PdfSecureGetErrorMessage(pSecure), PdfSecureGetErrorCode(pSecure));
    iReturnValue = 1;
    goto cleanup;
}

// Windows Cryptographic Providerを使ってセッションを開始
if (!PdfSecureBeginSession(pSecure, _T("")))
{
    _tprintf(_T("Windows Cryptographic Providerに接続できません。 %s (エラーコード: 0x%08x).\n"),
        PdfSecureGetErrorMessage(pSecure), PdfSecureGetErrorCode(pSecure));
    iReturnValue = 1;
    goto cleanup;
}

// 署名オブジェクトを生成
pSignature = PdfSignatureCreateObject();

//証明書を選択して、電子署名する
PdfSignatureSetName(pSignature, szCertificate);
PdfSecureAddSignature(pSecure, pSignature);

// 署名されたPDF文書を作成
if (!PdfSecureSaveAs(pSecure, szOutputPath, _T(""), _T(""), ePermNoEncryption, 0, _T(""), _T("")))
{
    _tprintf(_T("署名されたファイル %s を作成できません。 %s (エラーコード: 0x%08x).\n"),
        szOutputPath, PdfSecureGetErrorMessage(pSecure), PdfSecureGetErrorCode(pSecure));
    iReturnValue = 1;
    goto cleanup;
}

// 後始末
cleanup:
PdfSecureClose(pSecure);
PdfSecureEndSession(pSecure);

_tprintf(_T("終了"));
このサンプルコード(評価ライセンスおよびライブラリを含む)をダウンロード 
C#C/C++他のサンプル
// Secureオブジェクト生成
using (Secure secure = new Secure())
{
    // 入力ファイルをオープン
    if (!secure.Open(inputPath, ""))
        throw new Exception(String.Format("入力ファイル {0} をオープンできません。 " + 
            "{1} (エラーコード: 0x{2:x}).", inputPath, secure.ErrorMessage, secure.ErrorCode));

    // Windows Cryptographic Providerを使ってセッションを開始
    if (!secure.BeginSession(""))
        throw new Exception(String.Format("Windows Cryptographic Providerに接続できません。 " + 
            "{0} (エラーコード: 0x{1:x}).", secure.ErrorMessage, secure.ErrorCode));

    // 署名オブジェクトを生成
    using (Signature signature = new Signature())
    {
        //電子証明書を選択し、電子署名する
        signature.Name = certificate;
        secure.AddSignature(signature);

        // 署名されたPDF文書を出力
        if (!secure.SaveAs(outputPath, "", "", PDFPermission.ePermNoEncryption, 0, "", ""))
            throw new Exception(String.Format("署名されたファイル {0} を作成できません。 " +
                "{1} (エラーコード: 0x{2:x}).", outputPath, secure.ErrorMessage, secure.ErrorCode));
    }

    // 後始末
    secure.Close();
    secure.EndSession();
}
Console.WriteLine("終了");

ご質問、お問い合わせ

メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。


PDF-Tools製品一覧

PDF-Toolsライト製品一覧

PDF Security サンプル

PDF Toolsとは

PDF/Aとは