PDF Imager-LP 画像の論理サイズを指定してPDF文書を画像に変換 サンプル

PDF Imager-LP 画像の論理サイズを指定して変換 サンプル

PDF Imager-LPは、PDF文書を画像(TIFF、JPEG、PNG)に変換するライブラリす。( PDF Imager-LP概要

 価格見積り

オンライン画像変換で確認してください。

ここでは、PDFの指定したページを画像に変換するサンプルを示します。

Windows アプリケーション サンプル画面 Windows アプリケーション サンプル
パッケージには、PDF Imager-LPライブラリを使ったアプリケーション サンプルが同梱されています。
全ソースコードが付属していますのでコンパイルしてすぐに試用できます。
Windowsサンプルの機能説明はこちらです。

ダウンロード:
PDF Imager-LPの無償体験版は、以下からダウンロードできます。無償体験版は、製品版と同じ機能が使えます。
利用許諾契約書をご確認のうえダウンロードしてください。ダウンロードしますと、利用許諾に同意したものとみなします。
評価利用では、ライセンスキーが必要です。

PDFImagerLP-1_9_1.zip(体験版パッケージ)
体験版(評価)用 ライセンスキー"0-03GE-31KE17E88H4H" [評価用ライセンスキー] (無償)

高機能な、画像変換ライブラリ「PDF to Image Converter」は、こちらです。

インストール


C# 開発環境 C/C++ 開発環境 Python 開発環境
ライブラリは無償でダウンロードでき、全機能を試用できます。
Imager-LPパッケージをダウンロードしてから、適当なフォルダーに解凍してください。
以下のようなフォルダーができますので適宜ご利用ください。
docライブラリ説明書、利用許諾契約書
includeC/C++用ヘッダー(.h)ファイル
libDLLライブラリ、Libファイル
sampleC/C++言語、C#/VB.NET言語 および、
Windowsアプリケーション(C++およびC#)
サンプルはlib/PdfImagerLPNET.dllおよびlib/x64/PdfImagerLP.dll(またはlib/Win32/PdfImagerLP.dll)を参照しますので、適切なフォルダーにコピーしてください。
サンプルはlib/x64/PdfImagerLP.dll(またはlib/Win32/PdfImagerLP.dll)を参照しますので、適切なフォルダーにコピーしてください。
サンプルはPdfImagerLP.pyを使用し、lib/[x64またはWin32]/_PdfImagerLP.pydおよびlib/[x64またはWin32]/PdfImagerLP.dllを参照しますので、適切なフォルダーにコピーするか、以下のような手順でPython DLLの検索パスを設定してください。
import sys
if sys.maxsize > 2**32:
    sys.path.insert(1,'[Imager-LPインストールフォルダー名]/lib/x64')
else:
    sys.path.insert(1,'[Imager-LPインストールフォルダー名]/lib/Win32')

PDFを指定論理サイズの画像に変換するサンプルコード

PDFを指定した論理サイズの画像に変換するサンプルコードです。
この設定では画像データ(出力)のプロパティが設定され、画像そのものは変化しません。

C# C/C++ Python 他のサンプル ダウンロード
#include "ImagerLP.h"
#pragma comment(lib, "PdfImagerLP.lib")

int main()
{
    //初期化
    if(MlpInitialize("0-03GE-31KE17E88H4H")){
        printf("ライセンスキーが不正です。正しいライセンスキーを使用してください。");
        return 1;
    }

    //PDF文書オープン
    if(MlpOpenDoc("ファイル.pdf", NULL, NULL)){
        printf("PDFファイルをオープンできません。");
        return 2;
    }

    //画像の論理サイズを指定
    MlpSetPictureSize(0, 1000, MLP_PICTURE_UNIT_MM);

    //画像作成
    MlpCreatePict(1, "out.jpg");  //最初のページを画像に変換

    //文書クローズ
    MlpCloseDoc();

    //後始末
    MlpUninitialize();

    return 0;
}
MlpInitialize初期化
 引数にライセンスキー"0-03GE-31KE17E88H4H" (評価用ライセンスキー) を指定します。
MlpOpenDocPDF文書をオープン
 第一引数:ファイルパス名
 第二引数:オーナーパスワード
 第三引数:ユーザーパスワード
MlpSetPictureSize画像の論理サイズ設定
画像データのプロパティを指定
 第一引数:横サイズを基準に設定(0の場合は縦基準)
 第二引数:縦サイズを基準に設定(0の場合は横基準)
 第三引数:論理サイズの単位
MlpCreatePictページを画像に変換
 第一引数:画像にするページ番号
 第二引数:画像のパス名
MlpCloseDocPDF文書をクローズ
MlpUninitializeライブラリの終了
C# C/C++ Python 他のサンプル ダウンロード
using System;
using PDFTools.PdfImagerLP;

namespace Psz
{
    class Psz
    {
        static void Main()
        {
            //インスタンス生成
            PdfImager imgr = new PdfImager();

            //初期化
            if (imgr.Initialize("0-03GE-31KE17E88H4H") != 0)
            {
                Console.WriteLine("ライセンスキーが不正です。");
                Environment.Exit(2);
            }

            //オープン
            if (imgr.OpenDoc("in.pdf", null, null) != err.MLP_NO_ERROR)
            {
                Console.WriteLine("PDFファイルを開けません。");
                Environment.Exit(3);
            }

            //論理サイズ指定
            imgr.SetPictureSize(0, 1000, PictureUnit.MLP_PICTURE_UNIT_MM);

            //画像作成
            imgr.CreatePict(1, "out.jpg");      //先頭のページを画像に変換

            //文書クローズ
            imgr.CloseDoc();

            //後始末
            imgr.Uninitialize();
        }
    }
}
Initialize初期化
 引数にライセンスキー"0-03GE-31KE17E88H4H" (評価用ライセンスキー) を指定します。
OpenDocPDF文書をオープン
 第一引数:ファイルパス名
 第二引数:オーナーパスワード
 第三引数:ユーザーパスワード
SetPictureSize画像の論理サイズ設定
画像データのプロパティを指定
 第一引数:横サイズを基準に設定(0の場合は縦基準)
 第二引数:縦サイズを基準に設定(0の場合は横基準)
 第三引数:論理サイズの単位
CreatePictページを画像に変換
 第一引数:画像にするページ番号
 第二引数:画像のパス名
CloseDocPDF文書をクローズ
Uninitializeライブラリの終了
C# C/C++ Python 他のサンプル ダウンロード
from PdfImagerLP import Mlp,MlpConstant as kMlp

#インスタンス生成
mlp = PdfImagerLP.Mlp();

#初期化
if mlp.Initialize("0-03GE-31KE17E88H4H") < 0:
    print("ライセンスキーが不正です。");
    exit()

#オープン
if mlp.OpenDoc("in.pdf") < 0:
    print("PDFファイルを開けません。")
else:
    #論理サイズ指定
    mlp.SetPictureSize(0, 1000, kMlp.PICTURE_UNIT_MM);

    #画像作成
    mlp.CreatePict(1, "out.jpg");      #先頭のページを画像に変換

    #文書クローズ
    mlp.CloseDoc();

#後始末
mlp.Uninitialize();
Initialize初期化
 引数にライセンスキー"0-03GE-31KE17E88H4H" (評価用ライセンスキー) を指定します。
OpenDocPDF文書をオープン
 第一引数:ファイルパス名
 第二引数:オーナーパスワード(省略可)
 第三引数:ユーザーパスワード(省略可)
SetPictureSize画像の論理サイズ設定
画像データのプロパティを指定
 第一引数:横サイズを基準に設定(0の場合は縦基準)
 第二引数:縦サイズを基準に設定(0の場合は横基準)
 第三引数:論理サイズの単位
CreatePictページを画像に変換
 第一引数:画像にするページ番号
 第二引数:画像のパス名
CloseDocPDF文書をクローズ
Uninitializeライブラリの終了

無償評価版およびサンプル

PDF Imager-LPの無償体験版は、以下からダウンロードできます。無償体験版は、製品版と同じ機能が使えます。
利用許諾をご確認のうえダウンロードしてください。ダウンロードしますと、利用許諾に同意したものとみなします。
評価利用では、ライセンスキーが必要です。
PDFImagerLP-1_9_1.zip(体験版パッケージ)
体験版(評価)用 ライセンスキー"0-03GE-31KE17E88H4H" [評価用ライセンスキー] (無償)

サンプル ソースコード:サンプルのソースコードは以下をダウンロードしてください。
PDFImagerLP_samples_1_9_1.zip

オンラインでPDF文書を画像に変換

オンラインでPDFファイルを画像に変換します。

画像形式:

RGB:
CMYK:
Grayscale:


 

ご質問、お問い合わせ

メールで support@TrustSS.co.jp 宛てにお送りください。
または、質問のページからお送りいただくようお願いします。ご要望も承っております。

PDF Toolsライト

PDF Imager-LPサンプル

PDF 構文解説

(ISO32000-1より)

PDF Tools C++サンプル